アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 小堀ひろみ > 夫が妻に言って欲しい言葉

夫が妻に言って欲しい言葉

こんにちは
ひろみです。

結婚って人生において非常に大きいことですよね。

一方、社会的な結婚生活を見ていると
「夫といるのがつらい」
「離婚したい」といった話は
よく聞きます。

せっかく同じ時間を共有するなら
その時間に
喜びを感じ、幸せを感じて過ごしたいですよね。

今日は夫の立場から
日頃妻から言われて
嬉しい言葉について
書いてみたいと思います。

・人は感謝されたい生き物

人は何故誰かに感謝されたいのだろう。

子供を育てるときまず
「認める」
「褒める」
「励ます」だと
よく言われている。

子供は自分の存在
特にありのままの自分を親に認めてもらうことで
自分自身に肯定的になることができる。

そして自分で出来るようになったことを
褒めてもらったり
壁にぶつかった時には
励ましてもらったりすることで
自我を確立していく。

自分が社会に出た時
自分の価値を感じることが出来るのは
他人からの評価によってだ。

人は周囲から感謝されることで
自分の存在の意味や価値を感じることができる。

だから人は常に感謝されたい生き物なのだ。

そして感謝して欲しい相手が
一番身近な家族である夫や妻であるのは
当然だと言えると思う。

・「ありがとう」・・感謝の一言

夫婦生活も長くなると、
日常の忙しさに紛れ
相手に対する思いやりの言葉を
つい忘れてしまいがちになる。

妻ももちろんそうだが
夫にとっても妻が考える以上のパワーをもたらす言葉が

「ありがとう」

だと思う。

夫が毎日会社にいくとか
家事を手伝うとか

妻からしたら「当たり前」のことでも

「ちゃんと見てるよ」
「感謝してます」

と言う気持ちを
きちんと言葉にして伝えるのは
とても大切なことだ。

・「良かった」「嬉しい」「大好きよ」・・愛情の一言

夫婦の間で愛情の一言を言うのは
とても気恥ずかしい。

結婚生活が長くなればなおさら
こんなこといえるか!!
ということになる。

でも
「言霊」という言葉があるように

魂を入れて本当にその言葉を言うと
本当にそう思えるようになる。

そして素直な言葉を
素直に言うことで
夫も素直になり

素直に喜ぶ。

絶対嬉しいはずだ。

・「大丈夫?」「無理しないでね」・・励ましの一言

夫にとって
「働いて家族を養う」ことは
想像以上のプレッシャーになる。

仕事で失敗したり、行き詰ったとき
妻から
「大丈夫、なんとかなるよ」の一言は
大きな支えになると思う。

体調を気遣ったり
疲れているときにかける一言は

夫にとって何よりの特効薬になる。

・「すごい!」「さすが!」「最高!」・・賞賛の一言

男性はプライドが高く
認められたい
尊敬されたい
という生き物だと思う。

そして案外
「素直」で
「単純」だ。

だからその妻の言葉だけで

いくらでも気持ちよくなる。

いくらでも頑張れる。

言葉を使って
夫を盛り立て
やる気にさせるのは
大事なことだと思う。

・言葉をかけ合おう

今までの結婚生活で

嫌なことがあったかもしれない。

喧嘩もしたかもしれない。

でも
何か縁があって

今日まで暮らしてきた。

生活のサポートをしてくれた。

妻も以前と違って
家事・育児・仕事と
一人で何役も担っている。

だから今や
夫と対等になってきていると思う。

だからこそ
お互いに

あえて

感謝
愛情
賞賛

の言葉をかけ合うこと。

それが夫婦円満の秘訣だと思う。

いま様々な事情の中
夫婦の間で

会話もない
挨拶すらもしない

家庭内別居の状態の方が
いらっしゃると思います。

お辛い状況から
何とか抜け出すために
「離婚」
「別居」を考えている方

お一人で抱えず
お辛い気持ちを話してみてください。

あなたの心に寄り添います。

ご相談をご希望の方は
こちらをクリックして「相談する」からお申し込みください。
          ⇩⇩⇩⇩

       小堀ひろみに相談する

★あわせて読みたいおススメコラム★
      
『口に出すことで夫婦円満』
➡➡【妻が夫から言って欲しい言葉

『わかる~の一言で人は嬉しい』
➡➡【わかって欲しくて生きている

『男性は甘えん坊⁈』
➡➡【夫は甘えたかったんだ!

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP