アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 小堀ひろみ > 結婚生活で「合わない」と困ること

結婚生活で「合わない」と困ること

こんにちは。
ひろみです。

食べることが大好きな私。
それほど興味がない夫。

甘いものが大好きな私。
甘いものが好きではない夫。

一緒に暮らすうえで
食の好みはとても大事!

いつもそう感じていました。

「食の好みが合わない」ことが理由で
離婚する夫婦もいると聞きます。

今日は結婚する上で
「合わないと絶対困るもの」

そしてその違いが離婚につながる。

そんなお話です。

・嫌いな物

趣味や好みは
その人が好きなら、何とか合わせられるもの。

でも
苦手、嫌いなものは努力して合わせる
というわけにはいかない。

特に
食べ物の好みは重要だ。

もちろんお互いが理解していればいいが
別々に食事をすることになるかもしれない。

私はお寿司が大好きだったが
夫は生ものが苦手。

だから決して一緒にお寿司を食べることはなかった。

旅行に行っても
お刺身を全部残す。

そんなことが重なって
私は夫に合わせるようになり
お寿司を食べなくなった。

好きな物が同じだと、もちろん
居心地がいい。

でも

できれば
「苦手、嫌いな物が同じ人の方がいい」と
よく思ったものだ。

・金銭感覚

結婚生活において
金銭感覚が合うかどうかは重要だ。

何を買うにも、どちらかが妥協したら
妥協した方がストレスを抱える。

これも
私たち夫婦は違っていた。

洋服・外食・旅行に全く興味がなかった夫は

私とはお金の使い方が全く違った。

だからかなり夫はストレスになっていたことだと思う。

高額な買い物は特に
相手の金銭感覚が顕著に表れる。

金銭感覚の違いは結婚する前によく考えた方がいい。

・生活習慣

性格の不一致だけでなく
結婚はライフスタイルが合うかどうかも
重要だ。

特にダイエットの習慣がある人の中には
朝食抜き、ご飯抜き、夕食抜き
なんて人もいるだろ。

しかし
そうじゃない人からすれば
相手の食生活に合わせるのは苦痛だ。

また
寝る時間、起きる時間など、
睡眠時間の相違もストレスになることがある。

なるべく生活習慣の似ている人を選びたい。

・相手の家族との相性

相性の良し悪しは
自分たちだけでなく
相手の家族ともチェックしておく必要がある.

私の場合も
夫が私の家族の事が好きではなかった。

それを離婚の話し合いの時に言われた。

そりゃあもちろん、気づかなかったわけではないが

私の両親が良かれと思ってやってくれていたことが
全て気に入らなかった、と
後から言われたときは、本当に驚愕した。

離婚の原因の一つになった。

・話しても分かり合えない

こういった夫婦の
好み・価値観の違いは
話せば分かり合えるかも、と思う。

でも
その話し合いすらも出来ないことが多い。

嫌いなものは嫌い。
お金の使い方も好き勝手。
生活習慣もマイペース
子どもの教育方針も違い過ぎる。

夫婦だから
話せばわかる。
お互い譲り合える。

そんな風に私も思っていた。

お互い大事なことは
話し合って決めたり
一日の出来事や子どもの成長など共有したい

けれども
私の夫は話を聞くのが苦手。

お互いの違いを受け入れ、話し合うことを望んだ私の想いは
残念ながら叶わなかった。

そして話し合えた時も
お互いの理想を押し付け合い
何度もケンカになった。

そして最後は私が諦めたのだ。

「話しても分かり合えない」

そしてお互い
自分は変わろうとせず
相手を変えよう
相手が変わればいいんだと
思い込んでいたのだ。

好みや、生活習慣は
そう簡単には変えられない。

それを分かった上で

合わない部分に目を向けず
お互いのいい面に目を向けていたら

離婚しないですんだのだろう。

そして生活に支障をきたさなければ
多少の我慢もでき
そして
相手に期待することもなかっただろう

夫婦といえども
所詮は他人。

そこを本当にわかって結婚したのか?

今となっては後の祭りだった。

あなたが今、修復できるなら

諦めること
受け入れること
期待しないこと
相手を変えようと思わないことを
してみて欲しい。

でもそれが出来ず

話しても分かり合えないと思い

自分だけ我慢を強いられ
辛い日々を送っていたのだとしたら

「離婚」という選択もあると思う。

そんな時は
リボーンコンシェルジュに相談してみて欲しい。

縁があって結婚したとしても

受け入れがたい

「価値観の違い」
「好みの違い」
「習慣の違い」を

一人で我慢する必要はないと思う。

離婚して自由になることは

あなたが「幸せに生きる」ということ。

これからの人生を後悔して欲しくない

ご相談をご希望の方は
こちらをクリックして「相談する」からお申込みください。

         ⇩⇩⇩⇩
      小堀ひろみに相談する

あなたの幸せを応援しています。

★あわせて読みたいおススメコラム★

『考え方や感覚の違いを理解する』
➡➡【「性格が合わない」から離婚にならないために

『情すらなくなったら離婚へまっしぐら!』
➡➡【そこに愛情はありますか?

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP