アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 小堀ひろみ > モラハラ夫・妻から逃れたい!泣きたいほど辛い…

モラハラ夫・妻から逃れたい!泣きたいほど辛い…

こんにちは。ひろみです。

最近泣いたことはありますか?
人前で泣いたことはあるでしょうか?

私は最近泣きません。

テレビでドキュメンタリーを観たり

ドラマや映画で、悲しい場面や感動するシーンで

泣くことはあっても人前で泣くことはありません。

離婚で悩んでいた時は

よく一人で泣いていました。

悩んでいるだけでも、泣きたくなる。

涙の種類にもいろいろありますよね。

だけど、モラハラ夫・妻と別れたいのに

別れられない...

そん時に流す涙は

どんな種類なのでしょうか?

・共依存という関係

共依存とは、

自分の特定の相手がお互いに過剰に依存し合い

その関係性に囚われている状態のことを指します。

言い換えれば、お互いが相手に依存するあまり

自分自身を見失っている状態、とも言えます。

共依存という関係性は

身近な、近しい人間関係の中で生まれます。

そして共依存の関係は

モラハラでは起こりやすく

かつ抜け出すことが難しいと言われています。

モラハラ加害者が被害者に寄りかかるため

被害者に自分(加害者)に寄りかからないと生きていけない

と思わせるのです。

・お相手との話し合いで

円満離婚において

お相手との話し合いは,、とても重要です。

ご自分の気持ちを伝えるとともに

相手の気持ちも丁寧に聞く必要があるのです。

なぜなら、自分が「離婚したい」という気持ちを

一方的に伝えたら

相手が怒ってしまったり、意地になってしまい

離婚の同意を得るのが困難になってしまう

可能性があるからです。

けれどもモラハラ夫・妻は一方的に

自分の言い分を言い、時には罵声を浴びせたり

恫喝したり、罵ったりするのです。

モラハラ被害者はその時

頭の中は真っ白になり、何も言えなくなってしまうのです。

そして、強く決意して言おうと思ってことが

殆ど言えないまま、話し合いは終わってしまう。

そんなことはないでしょうか?

・自分が悪いのでは?

モラハラ加害者は

「自分が正当だ」ということを、上手く言うのが得意です。

モラハラ加害者は

全部相手のせいにします。

そしてあたかも、モラハラ被害者が

自分に危害を与え与えているかのように

話をすり替えるのが上手です。

時に罵倒し、時にやさしくなったり

時に自分がどれだけ辛いかを主張します。

そんなことを繰り返すうちに

モラハラ被害者は自分が悪いのでは?

自分がモラハラ加害者を苦しめているのでは?という

思いに囚われてしまうのです。

・涙が溢れてくる

ご相談者の中には、話しているうちに

泣いてしまわれる方がいらっしゃいます。

自分がとても辛いのに

相手を苦しめているのではないか?

もう離婚できないのではないか?

私とのご相談中や、仕事中には

「絶対離婚したい!」「絶対離婚する!」と

思っているのに、家に帰ると

身体中の棘が抜かれてしまい、話す気力がなくなってしまうと

お話しされます。

何故そうなってしまうのでしょうか?

モラハラ被害者は、

加害者と共依存の関係になっていることが多いです。

モラハラ加害者の感情と、自分の感情の境がわからなくなってしまい

「自分がいなかったら相手が生きていかれないのではないか」

と思ってしまうのです。

だから自分の離婚したい、という気持ちも

離婚する、という覚悟も揺れ動き

自分の本当の気持ちがわからなくなってしまうのです。

そして私の前で泣いてしまう。

話しているうちに、涙が溢れてきてしまう。

呼吸が浅くなり、心臓がどきどきしてしまう。

そんな症状がでてきてしまったら

もう、うつ病になる、一歩手前なのです。

・気づいて欲しい

そんな状態になっても、

自分は大丈夫、メンタルは強いと思い込んでいませんか?

私は、リボーコンシェルジュという前に

一人の人間として、

ご相談者様にお伝えすることがあります。

何よりもご自分を大切にして欲しいです。
このままだと、ご自分で心を傷つけてしまっています。
あなたのご両親は、あなたが元気で笑顔で生きて欲しいと願っています。
このままだと、取り返しのつかない病気になって
再起不能になる可能性があることを、自覚してください。

そして、もしどうしても、辛く苦しいのであれば

ご自分の身を守るために、

モラハラ加害者から離れることをお勧めします。

他人の前で辛い涙を流すほど、心が傷ついてしまっているなら

目の前のモンスターから

逃げて欲しいと思います。

離婚したいと決めても、

モラハラ加害者を前にすると、話すのが辛くなったり

どんなに話しても伝わらないことが多いです。

そして心がどんどん疲弊して、傷ついて

話し合う気力もなくなってしまう。

もしあなたが、今そんなに苦しく辛い状況ならば

是非私に話してみてください。

あなたの辛いお気持ちに寄り添い

あなたが本当に自分を大切に出来るよう

全力で支えます。

モラハラ夫・妻と離婚するのは、正直難しいです。

時間もかかります。

けれども

あなたの強い覚悟と決心があれば

必ず離婚できます。

でもそれは一人では辛いです。

苦しいです。

誰かの支えが必要です。

その支えになります。

辛い涙を流す前に

あなたが心の病気になる前に…

あなたを守り、幸せに出来るのは

あなた自身です。

私はそのお力になります。

ご相談をご希望の方は
こちらをクリックして「相談する」からお申込みください。
    ⇩⇩⇩⇩
       小堀ひろみに相談する

★あわせて読みたいおススメコラム★

『自分を責める必要はありません』
➡【夫・妻に洗脳されていると気づいた!モラハラ洗脳の解き方

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP