アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 小堀ひろみ > 夫婦の溝を埋めるヒントは「聴く力」

夫婦の溝を埋めるヒントは「聴く力」

こんにちは。
ひろみです。

リボーンコンシェルジュのお仕事をしていて
一番大切だなと、感じるのは

お客様の話を聴くことです。

ただ聴くのではなく
お客様の心の声を聴く
「聴く力」

この「聴く力」がとても重要です。

今日は私の経験から
夫婦の間でも
「聴く力」の必要性について
書いてみたいと思います。

・夫婦仲が悪くなるのは「思い込み」があるから?

「ちゃんと話を聞いて」
「最後まで言わせて」
「私(俺)はそんなこと言ってない」

こんな会話
夫婦の間でありませんか?

友人や他人との会話より
家族、とりわけ夫婦の話の方が
本来ちゃんと聞けそうな気がします。

実は逆であることの方が多いのです。

付き合いが長くなると
互いに相手への好奇心が失われます。

必ずしも相手に思いやりがないのではなく
単に相手を
「知っている」と
思い込んでいるのです。

耳を傾けないのは
相手が何を言うか
自分にはもう分かっていると、思うからです。

相手に的外れなプレゼントをあげて
相手をがっかりさせてしまう人

相手の代わりに何かを決めてしまう人。

実は私たちの誰もが
愛する人に関しては
「思い込みをしてしまう」
そんな傾向があるのではないでしょうか。

お互いを深く知っていることは
素晴らしいけど
それで自己満足してしまい
自分の最も近しい人の気持ちを
読み取ることを怠ってしまうのです。

・出会った日とずっと同じ人間なんていない

元々夫婦は他人。

異なる環境に生まれ、育ち
そして
縁があって結婚しました。

出会った時とずっと同じ人なんかいません。

長い年月をかけて
人は少しずつ変化していきます。

世間とはこういうものだという
自分の理解も日々少しずつ変化します。

だから昨日と同じ人はいないし
今日の自分は明日の自分とは
全く同じでもありません。

意見や態度、信念は変わるものです。

夫や妻をどれだけ長く、もしくは
良く知っているかは関係ないのです。

耳を傾けるのをやめてしまえば
夫もしくは妻が何者であるかわからなくなり
関わり方も分からなくなってしまいます。

昔の夫(妻)を昔のままと捉え
そのまま理解しようとすると
確実に失敗してしまう。

私もそんな経験をした一人です。

・聴く力

元々夫婦は信頼関係を築けていることが
前提です。

その上で夫又は妻と会話をするということは

お互いを信頼しているからこそ
逆に短い言葉で話したり
話を端折ってしまう。

そして
「この程度でわかってくれる」
「どうせ○○○○って言いたいんだろう」

そんな風に話したり、聞いてないでしょうか。

言葉や話の表面だけを受け取り
相手の言いたいことを
「こうに違いない」と
思い込んでしまう。

面倒くさい、今は忙しいなどの理由で
ほとんど聞いてない。

そんな時
話す姿勢、聞く姿勢を
お互い取り、ちゃんと向き合う。

そして
忙しいときは
「もう少し待って」
「今日は疲れているから、明日聞くよ」と
一言
言ってあげたら
相手の気持ちも落ち着くと思います。

そして聞くときは
「思い込み」せず

何を話すか、どの程度話すかを
予想せず
初めて聞く話として聞く。

相手が
「聞いてくれてありがとう」
思えるような聞き方ができたら
いいと思います。

夫婦関係においての会話は
自分はもう十分知っていると
自己満足ぜず

「聴く力」をもって相手の話に
耳を傾けることで


思い込みからくる
夫婦関係の溝を埋めることができる
私は思っています。


夫婦生活が短くても、長くても
結婚当初と同じ気持ちでずっといることは
不可能だと思います。

お互いに興味や関心が薄れてしまい
勝手な思い込みで
相手を傷つけ、相手に傷けられて
しまっていませんか?

お互い変化していく中で
夫婦関の溝が広がり
もう修復することもできず
離婚するしかないと思っている
あなた。

会話も対話もなくなり
家庭内別居状態のあなた。

離婚するか、しないか
悩んでいるあなた。

リボーンコンシェルジュに話してみませんか?

あなたが気持ちを吐露出来るよう
お心に寄り添います。

ご相談をご希望の方は
こちらをクリック「相談する」からお申込みください。
⇩⇩⇩⇩

小堀ひろみに相談する

★あわせて読みたいおススメコラム★

『わかる~の一言を待っている』
➡➡【わかって欲しくて生きている

『わかってもらおう、わかろうとしよう!』
➡➡【わかって欲しい妻、わかろうとしない夫

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP