アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > 離婚前の悩み > よくある夫婦の出来事 > 妻と夫のNGワードワード!あなたはこんな時なんて言う?

妻と夫のNGワードワード!あなたはこんな時なんて言う?

こんにちは。ひろみです。

とある休日の朝…

夫婦だからこそ「つい」使ってしまう

NGワード。

その一言が関係悪化の引き金になってしまう

なんてことありますよね。

この先もずーっと夫婦円満でいるために

言い方に気をつけたいものです。

今日はそんなお話です。

・言い方を変えるだけでストレスが減る?

家で同じ場所にいて、同じものを食べていても

見ている景色や視点が異なるのが、夫と妻。

例外はあっても

夫は妻が思っている以上に

家の状況を見ていないことが

多いものです。

例えば

「トイレットペーパー買ってきて」と頼んでも

”銘柄指定なのか”
”一番安いものがいいのか”

わからず迷ってしまいます。

希望の商品の画像を夫のスマホに送って

「これと同じものを1パック買ってきてね」と

明確に伝えるのがベストな言い方だと思います。

普段、言い方に気をつけている人も

夫に対して対しては

”つい” 強い言い方をしたり

配慮のない言葉を発してしまうことがありませんか?

すると夫も同じようなトーンになってしまい

負のスパイラルが生まれてしまいます。

それが続くと

「夫に話しても伝わらない」と

諦めて、夫婦の仲が悪化してしまう…。

夫婦の仲は一日一日の積み重ねです。

だからこそ、日々のちょっとした言い方が

とても大事なのです。

まずは言われて心地よい言葉を

自分から使ってみてください。

自然と夫の言い方も変わり

夫婦間でイライラすることがぐっと減るのではないでしょうか。

・家族への言い方の基本

1、ポジティブな言葉を使う

「知らないの?」よりは

「これ知ってる?」

否定的な言葉は責めている印象になってしまいます。

前向きな表現に変換できたらいいですよね!

2,あいまいな言い方はしない

「ちゃんとやって」
「しっかり見て」では

あいまいで伝わりません。

どのようにやって欲しいか具体的に

伝えたいですよね。

3.言う時の語調に気をつける

同じ言葉でも表情や語調で

印象が変わります。

「これはできない」など

断るときも、やさしく言えば

悪い印象になりませんよね。


夫婦は言葉を使わなくても

「わかってもらえる」
「伝わる」と

思ってしまいがちです。

けれども

どんなに長く一緒に暮らした夫婦だとしても

「以心伝心はない」

と思った方がいいのです。

ちゃんと言葉に出して、「伝える」

言い方は優しく、ポジティブな言葉で。

そして伝えるときは

内容はあいまいではなく具体的に。

今からでも遅くはありません。

お互い

少しでも気遣い、気をつけつけるだけで

ストレスも減り、夫婦も円満でいられるとしたら

やってみる価値は絶対ある!!と

私は思います。

離婚に悩んでいるあなた

離婚したいけど

どうしたらいいかわからないあなた。

私にお気持ちをはなしてみませんか?

あなたにとって、最善の方法を

一緒に考えていきましょう。

ご相談をご希望の方は
こちらをクリックして「相談する」からお申込みください。
          ⇩⇩⇩⇩
        小堀ひろみに相談

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP