アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 虹多真希(研修中) > ドラマ「リコカツ」 母役・宮崎美子がカッコいい!

ドラマ「リコカツ」 母役・宮崎美子がカッコいい!


こんにちは、虹多真希(にじたま)です。


今回は
ドラマ「リコカツ」の

こんなにカッコいいセリフ
聞けるとは思わなかった!

について書いていきます。

離婚活動 自立

画像引用  https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/

【物語】

咲(北川景子)と、紘一(永山瑛太)は
運命的な出会いをして
交際ゼロ日で結婚した。


結婚早々、
価値観が全く合わず、
離婚をしようとするところから
物語が始まった。

紘一は
男尊女卑が当たり前の父親・正の元で
育ってきたけど

咲と結婚して
衝突しながらも
新しい価値観を受け入れようとする。


その、悩みながらも
変わろうとする姿勢が
真っ直ぐで、イイ。


咲は、
紘一に、不満をしっかり
ぶつけられているところが
とてもイイと思った。


いろいろあって
二人の両親が
離婚しようとしていた。


咲と紘一は
自分たちも離婚したいことを


お互いの両親に
先に言われてしまって


言い出せない状況になる。

【心に響いたセリフ】

そんな中
長年、超封建的な夫の元で
専業主婦だった紘一の母・馨(宮崎美子)が


離婚を決意して
離婚届を置いて
バッグ一つで家を出た。

そして、
老舗の温泉旅館の中居として
住み込みで働き始めた。


私が、第3話で
一番印象に残ったのは


その老舗旅館で
中居をしている馨が
生き生きと
仕事をしている姿だった。

外国人旅行客の質問に
カタコトの英語だったけど
弾けるような笑顔で
答えていた。

そして、自分を探しにきた紘一に
「家に戻って欲しい」と言われて


馨「一人で生きていくと決めたから。
  ちゃんと自立した証に
  ケジメをつけたかったの。

  ずっと、妻でもなく母でもなく
  一人の人間としての
  居場所がほしかった。

  これからは
  本当の意味の自分の人生を
  生きていきたいの。

  私、今、とっても楽しいの」

と話した。



うわーーーっ気持ちいい!!



この、自分自身で勝ち取った
楽しい!が


カッコよかった!


満面の笑みから
幸福感が
ヒシヒシと伝わってきた。

ただ、
この超バンジージャンプ級の実行力は


普通の専業主婦には
現実問題、
そうそうできるものではない、

と思った。


財産分与や
年金分割や
いろいろ離婚の現実を
考えると


鋼(はがね)の精神力がない限り
ここまでの実行力は
ひとりでは、
なかなか発揮できない。

【昭和の頑固親父】

一方、
母親が老舗旅館で働いている報告を
紘一から聞いた父親・正(酒向芳)は

「笑止千万。

 男子一生の恥。
 メンツが立たん。

 今までの自分の人生が
 ぜんぶ否定されたことになる。

 もーいー帰れ!」

と紘一に座布団を投げつけ
怒りを爆発させた。


まさに
昭和の頑固親父だった。


その頑固親父が育った背景には
きっともっとすごい頑固親父がいて

その価値観がインストール
されてるんだろうなぁ
と思った。


正の自己主張が成立するためには
妻・馨の我慢があった。


その無数の我慢の蓄積は
一人の人間として
尊重されるべきものが失われていた。


そして、時代は変わっていた。


価値観もガラリと変わっていた。


そこに
気付いた時
人と人との繋がりの中で


正が、自分を変えていくことが
できるかどうか


そこなんだと思った。


主役の2人の展開も
気になるけど


私には

紘一の両親の
宮崎美子と酒向芳、

咲の両親の
美容家の三石琴乃と
浮気しまくりの佐野史郎(第4話からは平田満)


の展開の方が
断然気になっている。


【気になったこと】

ドラマ中、もう一つ
印象的なシーンがあった。


ほんの5秒くらいの
短い会話だったけど

咲の両親の仲が拗(こじ)れる中で

浮気を隠そうともしない夫(佐野史郎)
に対して


離婚を考える咲の母親(三石琴乃)と
咲のお姉さんの会話が
気になった。


姉「ねぇ〜弁護士とかに
  相談した方がいいんじゃない?」

母「弁護士に知り合いいないのよ」

という、一瞬の会話だった。


なんか
現実を見た気がした。


やっぱり世間的には


離婚を相談したいと思ったら
真っ先に浮かぶのは
弁護士なんだなぁ。


でも、わずかな望みとして
弁護士とか

と言っていた。


離婚を考えたら
リボーンコンシェルジュ・
円満離婚アドバイザーに相談する

が、近い将来
世間の当たり前になっていたら
イイなぁと思った。


そうなったら
離婚で悩んでいる人が
精神的に楽になれて

もっと近道で
幸せになれるから。


離婚で悩んだ時
リボーンコンシェルジュという
選択肢を知っていることで

あなたが今よりもっと
幸せでありますように。

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日

▲ TOP