アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > リボーンコンシェルジュ紹介 > リボーンコンシェルジュ 虹多真希(にじたま)

リボーンコンシェルジュ 虹多真希(にじたま)

あなたが望む
幸福に満ちた未来が実現することを
本気で応援します。



虹多 真希 
初回相談料(90分):11.000円
活動地域:東京  

虹田

どしゃ降りの日もある。

「雨が降っても、その雨上がりに、
 きれいな虹が出る」

この言葉が好きです。


雨を悲観的に考えず
雨の見方を変えていくことで、

雨上がりの虹が、さらに輝きます。


性格の不一致で、
家庭の中で孤独を感じていませんか?


パートナーの顔色、うかがっていませんか?
ダメ出しされ続けたり、
恐怖を感じたりしていませんか?

あなたが、つらい時、こまった時、
どうしようもなく寂しい時、
悲しい時
どうか、私がいることを
思い出してください。

あなたと一緒に
何が出来るか
考えることができます。


また、長女が不登校になったことで、
学校に行く、行かないについて
様々なことを考えてきました。


「ありのままでいいんだよ」
というメッセージの大切さをお伝えしたいです。

不登校について、子育てについて、

悩んでいる方もご相談ください。

円満離婚

にじたまのコラムを読む

プロフィール

作詞家の松本隆さんが、Eテレの番組で
「詩を書くことは恥ずかしいことだ。
 胸の扉を開けて、
 それを丸見えにすることだから」
とおっしゃっていました。


松本隆さんのような偉大な方でもそうなんだ!
と、70歳になっても変わらない
感性のみずみずしさを感じました。


そして、勇気をもらいました。


私も、プロフィールを具体的に書くことは
胸の扉を開けることで、恥ずかしいですが。


私の過去が、あなたの価値につながって
少しでもお役に立てたら、と思います。

【無意識レベルで他人軸だった】

29歳の秋(10月〜11月)、
5週連続で、友人の結婚式に参加しました。
とても嬉しかったし、楽しかったのに。

「まだ結婚しないの?」
と聞かれるのが、
嫌で嫌でたまりませんでした。



世間の同調圧力に飲み込まれて、
20代で結婚することが、カッコよくて、
王道のように感じていました。


当時は気付かなかったけど、
自分がどう生きたいかではなく、
周りにどう見られるかを気にして

ビクビクしていたんだと思います。

【待望の赤ちゃんと、エリカ様発言】

まだ33歳だったのに、結婚した時、
もう歳だから、早く結婚しなきゃ!
と見えない世間の圧に、勝手に焦っていました。


ずっと欲しかった赤ちゃんを産めた時は、
そりゃあもう、ものすごくうれしかったけど。


夫は、私の36時間の長時間出産に、
せっかく立ち会ったのに、


「別に……。特になんとも思わない」

という、エリカ様か?
と思うような、
空虚な感想しか言いませんでした。


夫としては、
自分の個性の天邪鬼(あまのじゃく)を、
出しただけだったのかもしれないけれど。


一生に一度の、
感動を分かち合いたいタイミングで、
筋金入りの天邪鬼を出されても。
全く受け入れらませんでした。

【恐怖のパンチが炸裂した】

日常生活に起こる、様々な出来事に対して、
口が達者な夫は、
いつも私の話に被(かぶ)せてきました。


ケンカになると、私の声は、
夫のデカ声にかき消されていました。


娘が幼稚園の時、家を建て替えるために、
仮住まいに住みました。


そこで口論になった時、
夫は仮住まいの壁に、
怒りのパンチで
穴を開けたことがありました。

【小学校入学式の写真が1枚もない】

夫は、長女の小学校の入学式の時、
私と長女の2ショットの写真を、
1枚も撮ってもらえませんでした。
(もちろん私一人だけの写真もない)


私は、夫と長女の2ショットを
何枚も撮っていたのに。


ショックで悲しくて、怒りが止まりませんでした。


(でも、ずっと後になって考えてみたら、
 ほとんど会話がない夫婦なんだから、

 頼まなくても撮ってもらえると思っていた自分が
 間違っていたなと、
 今は、思っています。)

【話しかけても、スマホから目を離さない】

私は、夫に対して
「夫婦なのに会話もなく一緒にいて、楽しいの?」
「その私を無視する行動は、どうしてなの?」
などの、たくさんの疑問を持っていました。


二人で話す時間を作ってほしい
とお願いもしました。


でも、いつだってスルーでした。

常にパソコンかスマホから目を離さず、
まともな話し合いはできませんでした。


何かあっても、事実として、
稼いでいるのは夫で、私はパート。

長女と家を出て生活したくても、

お金がないから我慢するしかない、
と諦めていました。

【長女からの衝撃の告白】

夫からの怒鳴りを、
私が避けるようになった頃、
夫は長女を怒鳴っていました。


私は長女と夫の間に、
何度も割って入ろうとしましたが、

夫に「二人で話してるんだよ。邪魔するなよ」
と怒鳴られて、
引き下がってしまっていました。


長時間怒り続けるのは、
もはや精神的DVじゃないか。

家庭内で
こんな緊張した生活は絶対良くない、
どうしよう……


夫に
「お前は甘いんだよ。お前は間違ってる!」
と言われて


長女を守る行動をできずにいました。

ある日、疲れ切った顔の長女に

「どうしてママは私を守ってくれないの。
 怖すぎるよ」
 
と言われました。

私はいったい、何をやってたんだ。
何のために生きてるんだ。

長女に一人で怖い思いをさせて、

心を深く傷つけてしまったことを、
心の底から後悔しました。


どうしようもない自責の中で、
心臓が押しつぶされるような日々でした。

歩いているだけで、
涙が出てしまうような時期もありました。

【どん底で出会った希望の光】

結局私が、
周囲に気を使っているつもりで、
自分が我慢すればいいと思って来たことは、

一番大切にしたい長女を、傷つけていました。


周囲に、本音を言えない空気を、
ダダ漏れで出していました。


でも、そこからどうすればいいかわからず、
心を閉ざしていました。

それでも、なんとかしなくてはと、
本を読み、ネットを探しました。


そんな中で、私は
苦手だった「人に相談する」
を行動することができました。


何人かの素晴らしい人たちに

出会うことができました。
仲間もできました。


今も、その人たちがいてくれるおかげで、
自分と、自分の幸せに満ちた未来を信じて
生きることができています。

【円満離婚というコミュニケーションの深さ】

その中の一人が、
リボーンコンシェルジュ(円満離婚アドバイザー)
の飯野馨巳さんでした。


リボーンコンシェルジュに相談して、
私の自信がなくて、固まっていた心が、
温かくほぐされていきました。


重くて押しつぶされそうだった心の荷物を、
下ろすことができました。

心が軽くなって、

自分を大事に思うことができました。


そこで私は、
円満離婚のコミュニケーションのやり方を
知りました。


私のように何年も、

まともな会話がない夫婦でも、
会話ができるようになりました。


半信半疑だったけれど……。

驚くほどに真実でした。

挨拶すらしなくなっていて、
あんなに頑なだった夫が、
話を聞いてくれるようになりました。

もっと早く、
このコミュニケーションを知りたかった!
と思いました。

そして、思いがけず、
3ヶ月もかからずに、
離婚に同意してもらうことができました。

長女との関係は、
反発されることもあるけれど、
ゆっくりと信頼を取り戻して、

今、お互いを思いあって、
応援しあえる仲になっています。

今、自分の残りの人生を、精一杯幸せにしたい、
みんなで幸せになりたい、と思えています。

【私の心からの願い】

現在私は、以前の自分のように、
一番リラックスできるはずの家庭で、
孤独を抱えて苦しんでいる人に、


どうしても、
この円満離婚のコミュニケーションを、
伝えたくて。


自分がリボーンコンシェルジュになりました。

一人でも多くの方に、知ってほしいことがあります。

自分に自信が持てない人へ。

顔を上げてないと、空にかかった虹は見えません。

辛いのはあなただけじゃないです。

一人ひとり価値があります。

私はあなたの味方です。

自分を大事にすることは難しいことだけど。

どんなことがあっても味方だから。

あなたの挫折しそうな心の

拠り所になります。

もう自分を責めなくて大丈夫!!

一緒に、ワクワクするような
あなたの未来に向かって、
円満に問題を乗り越えていく方法を、
探っていきましょう!

相談された方が、
雨上がりの虹を見るように、
笑顔を見せてくれるのが、
何よりの喜びです。


まず、自分自身に向き合って、
自分は何をしたいのか、
どうなったら幸せかを、
あなた自身に知ってほしいです。


目の前のことに、いっぱいいっぱいで、
心に余裕が持てないと、
なかなか自分に向き合えませんが、


安心してください。
ここで、少しリラックスしてください。


もう遅すぎる
なんてことはありません。


気付いた時に始めれば
そこからの人生が、変わってきます。
大丈夫です。


自分に自信がない、
なぜかうまくいかない、
孤独を感じている、
と思っているあなたが来てくれたら、


あなたがまだ気づいていない
あなたの良いところを、お伝えします。


つらい経験には気付きがあり、
行動の変化に繋がります。


それを乗り越えた先に、
成長とより大きな幸福があります。

変化の第一歩は、

あなたの勇気から始まります。
覗いてみてください。

円満離婚

にじたまのコラムを読む

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP