アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 小堀ひろみ > 前を向いて生きよう!

前を向いて生きよう!

こんにちは。
ひろみです。

人生には波があります。

いい波
ラクな波
苦しい波
乗り越えられない波

様々な波に流されながら
生きています。

離婚は私にとって
思いがけない波
苦しい波
辛い波でした。

でも離婚した今は
自由で
自分らしい波に
乗っている気がします。

今日はそんなことを書きたいと思います。


・どん底にも行き止まりはある

人生には
いいときもあれば
悪いときもある。

いいときがずっと続くわけではない。
そして悪いときもずっと続くわけではない。

そして悪いときの極みが
どん底。

どん底のときは
「これでもか!!」というくらい
いろんな事が畳みかけるように起こる。

もう立ち直れない
もう這い上がれない

絶望的な気持ちになる。

死にたい気持ちになることもあるだろう。

でもどんなにどん底でも
底の底はある。

行き止まりはある。

・底から抜けられる可能性

あなたが悪いから
それが起こっているのではなく

あなたがそこを抜けられる可能性があるから
それが起こっている。

よく
乗り越えられない壁はない。
乗り越えられる試練だから
やってくる。

と言われる。

底にいるときは

そんなことあるわけない
そんなことできない

なんで自分ばかり
こんな試練がやってくるんだ。

なんで自分ばかり
こんな目に合うんだ。

そう思う。

自分の不幸を嘆き、悲しみ
どうしたらいいか
わからない。
そんな自分がいやいなる。

でも
そこが底の底なんだ。

もう落ちるところまで落ちたら
もうそのままの状態で
身をまかせていればいい。

そうすればいずれ
浮き上がってくる。

ジタバタせず動じず
自分らしくいればいい。

・私の場合

離婚に至った理由は
色々ある。

簡単に言えば
性格の不一致

一般的に
離婚理由で一番多いのが
性格の不一致と言われているが

私の場合は
話し合いのできない夫婦
会話が出来ない夫婦だった。

離婚の話し合いをしているときは
本当に苦しくて
毎日目が覚めると
溶けてなくなりたいと
思ったほどだ。

子供たちのこと
仕事のこと
これからのこと

考えることがいっぱいで
泣くことも出来なかった。

無我夢中で結婚生活を
送っていた私は
ずっと一人相撲をしていたのだ。

でも離婚の問題が持ち上がったとき
その一人相撲が私の力になった。

無我夢中に頑張ってきたことが
私を勇気づけてくれた。

必死だった。

そして腹を括ることができた。

腹を括ることで、底から浮き上がることができた。

・前を向こう

自分を責めず
自己卑下せず
自分を信じたい。

自分を支えてくれる人が
必ずいる。

自分を愛してくれる人が
必ず見守っている。

それを信じて
腹を括って
毎日を淡々と過ごすこと。

そして
流れに身を任せ
浮上してくるのを
待ってみよう。

必ず上向くときは来る。

堂々と前を向こう。

堂々と生きていこう。

あなたへのメッセージです。
離婚を経験した今だから
こそ
感じた事かもしれません

渦中にいるときは
そんなことすら考えられませんでした。

ただ一つ言えるのは
私は後悔していない。

精一杯生きたと思えるからです。

離婚したくてもどうしたらいいかわからない。
離婚を切り出されて、辛くて悲しい。

いまどん底にいるかもしれません。
でもそれは絶対ずっとは
続きません。

それを信じて欲しいのです。

もし誰かに聞いて欲しいと
思ったら
思い切って私に話してみてください。

経験したからこそ
私はあなたに寄り添うことができます。

ご相談をご希望のかたはこちらをクリックして 
「相談する」からお申し込みください。
        ⇩⇩⇩⇩
     小堀ひろみに相談する

★あわせて読みたいおススメコラム★
       ⇩⇩
『人生の壁を乗り越えず違う道を探しませんか?』
➡【幸せになるために、壁は乗り越えなくていい

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP