アレグラーレに無料相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 小堀ひろみ > 全ての夫婦には問題がある

全ての夫婦には問題がある

こんにちは。ひろみです。

新型コロナウィルス感染拡大の影響により

外出の自粛や在宅勤務が要求され

誰もが家で過ごす時間が増えている今。

思うように気分転換ができず、ストレスが溜る中で

家族との関係が悪化し

トラブルに発展するケースも見られるようになりました。

家族が平穏を保つためにはどうすればいいのでしょうか?

今日はそんなお話です。

・どんな夫婦にもお手入れが必要

どんな仲のいい夫婦でも”お手入れ”をしないと

関係は悪化してしまいます。

夫婦とはいえ、他人同士。

「夫婦だから大丈夫」というのは

幻想だと思うのです。

仕事上のやり取りのように調整が必要です。

夫婦が互いの抱える問題を自覚するために

まず最初にするべきことはなんでしょうか?

まずは推し量ることです。

このまま不安定な状態が続いたときに

自分がどれくらいギスギスしてしまうか。

どれくらい自分や相手の心が傷ついてしまうか

どの程度お互い余裕がなくなってしまうのか。

余裕がなくなったあと、起こりうる喧嘩を予想します。

何が不安で

相手に何を求めているのか。

問題に直面してからではなく

あらかじめ考えておくことで

心の余裕が生まれると思います。

そして

問題を全て解決するには時間がかかるので

夫婦の間の心配事の優先順位をつけておく

それがとても大切です。

・「察してほしい」はルール違反

あなたの中で解決したいことが決まったら

それを夫婦で話し、すり合わせる。

相手の気持ちをまずは聴くことです。

話し合う前提として

「自分はあなたの敵ではない。

一緒に問題を解決するパートナーだ」としっかり伝え

相手の気持ちを確認しあう。

「夫婦なんだから味方なのは当たり前、言わなくてもわかる」

というのはコミュニケーションの怠慢だと思うのです。

ちゃんと言葉にしなければ、伝わるものも伝わらなくなってしまう。

「言わなくても察して欲しい」はルール違反ではないでしょうか。

本当にして欲しいことを言い出せないない原因は

「これを言って相手を傷つけたくない。自分が耐えればいい」

もしくは

「これを言ったら、相手から倍の反発をくらう。面倒くさい。」

という優しさと、怠慢さなのです。

その優しさと怠慢さは自分の中に不満となって

溜ってしまい、結局爆発してしまいます。

ちゃんと言葉にするべきなのです。

話すことを通して

自分の言いたいことや気持ちが整理されることもあります。

話す事が苦手なら、メールなど文章にして伝えるのも

一つの手段です。

夫婦関係には正解がありません。

二人で向き合って話し合うこと

最も大切だと思うのです。

・本当の意味で「自立」するには

夫婦で話し合うことが大切と言ったけれど

すでに関係が不和であり、話し合えない状況の夫婦は

どうしたらいいでしょう。

まずは第三者の力を借りてみるのも一つの方法です。

一緒にカウンセリングを受けてみるのもいい。

パートナーが尊敬する人に相談して間に入ってもらうことも

出来ると思います。

けれども日本ではまだ

「家族の問題は家族で解決するもの」

または
「夫婦の問題は自分が我慢すればいい」

そして

「他人には話せない」

という風潮があり

家庭の外にSOSを出すすべを知らないし

教えられないことが多いです。

「他人に迷惑をかけない」
「他人に話せない」という考え方が

「家族には迷惑をかけていい」
「自分が我慢すればいい」
という考え方に

転換してしまうのです。

そう転換されてしまうことで

甘えが生まれ

「察して文化」が生まれてしまうのではないでしょうか。

人間生きていれば必ず他人に迷惑かけるものです。

助けて欲しいときは、しっかり迷惑をかけ

しっかり助けてもらう。

その代わり誰かの助けて!を受け止めたら

自分一人で抱え込まず、色々な人と結束して助ける。

それが出来ることが自立だと思います。


それでも、どうしても関係が改善されない場合は

「離婚」も一つの手段です。

相手に対するリスペクトが全くない。
ありがとうの一言もない。
話そうと思っても、あなたの言うことを一言も聞き入れない。

このような人は男女問わずいます。

パートナーから自尊心を激しく傷つけられた際

そのはけ口として

子どもを傷つけてしまうこともあります

子どもを守るために自分を守ることが大切です。

夫婦は急に円満になる事はありません。

必要なのは

同じ方向を向いて、ちょっとずつ良くしていこう

と思うことです。

難しい話をする必要はなく

お互い歩み寄る姿勢をとること。

そうすることで、結果は変わってくると思います。

これほど家族と同じ時間を過ごすことは

この先ないかもしれません。

相手の話を聞き、自分の思いを伝える時間は

十分すぎるほどあります。

今日より明日のほうが少しだけ仲のいい家族になれますように!

昨日より今日、少しでも幸せですありますように!

あなたの夫婦関係のお悩みを解決いたします。

第三者、リボーンコンシェルジュの力を借りてみませんか?

ゴールは離婚だけではありません。

一人きりで問題を抱えず、私に話してみませんか?

あなたの抱えてる問題に

さまざまな角度からアドバイスさせていただきます。

ご相談をご希望の方は
こちらをクリックして「相談する」からお申込みください。
          ⇩⇩⇩⇩
       小堀ひろみに相談する

★あわせて読みたいおススメコラム★

『思い込みが夫婦仲を悪くする?』
➡【夫婦の溝を埋めるヒントは「聴く力」

『夫婦は喧嘩の数だけ絆が深まる』
➡【夫婦は”喧嘩をすべき”である

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP