アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > 離婚経験談 > 低収入でも離婚できる? > 低収入でも離婚できる?2

低収入でも離婚できる?2

「特別なワークショップ」前編

こんにちは、
Kです。
(プロフィールはこちら?)
https://allegrare.net/k

今回は
一度でも
飯野馨巳さんの
セミナーや相談を
受けたことがあれば
参加出来る

「特別なワークショップ」
に参加した時の

「弁護士の渡邊未来子先生、
共有名義不動産問題研究所の
入江寿さんのお話編」です。

離婚問題で
弁護士さんや不動産関係の方に

直接お話を聞く機会は
なかなかないので
貴重な体験だった。

離婚したいと思っていても
子どもがいて
離婚後の生活を考えると

そう簡単には
離婚できない

と思っている人にとって
このワークショップは

心が励まされると思う。

たった1回参加しただけで
離婚について
3方向
(弁護士さんと
不動産研究所の方と
リボーンコンシェルジュ)
からの
役立つ情報を知ることができた。

弁護士の渡邊さんは

意外にも
月に1~2回
全国各地のマラソン大会に参加する
筋金入りのランナーだ。

さわやか美人で親しみやすい。

ちなみに離婚歴がある。

渡邊さんからは、
まず、
離婚全体にかかる費用について
ザックリわかりやすく
解説してもらえた。

ほとんどの離婚が
夫婦間の話し合いで解決できる
協議離婚だ。

ここで解決しなければ
調停、裁判と
進んでいく。

渡邊さんの解説で
特に印象的だったのは

ほとんどが
協議離婚だからこそ

夫婦で蓄積している
資産について
保有できるものを

どうやったら
必要になった時に
引き出していけるのか。

この漠然としたものを
どのポイントで考えて

話し合いで抑えていくか
だった。

子どもの話で切り出して
生活路線に持っていく。

例えば、子どもの
留学、進学、留年、不登校
病気、怪我、入院、

天災、火事、
母親が働けなくなった時など

考えられる
全てを書き出し、

予期せぬ事態に陥った時も
資金を確保していける
ようにする。

必要になった時のために
何らかの形で
話の切り口を作っておくのが大事!
ということだった。

それがないと
離婚相手に
「それは聞いてない」
となり

一切お金を援助して
もらえないことにもなる。

頭出しをしていくことが大切。
ということだった。

なるほど~~!!

共有名義不動産問題研究所の
入江さんの話は

楽しくて
何度も笑って聞いた。

あ、彼女も美人で離婚歴がある。

入江さん自身が離婚時に
借り換えの知識がなく
不動産問題が
不安材料でしかなかったので

これから離婚しようとしている人にとって
できるだけ
お子さんと一緒に住む側の人が

快適に暮らせるように
力になりたいと
優しく話してくれた。

不動産は
一番大きな財産であったりもする。

ここで揉めて
離婚できないケースも
少なくないので
特に大事にしたい。

持ち家の場合
売却するかどうか、
住み続けるかどうか
どっちが住むか、

住宅ローンをどうするかなど
細かいことを
チェックしていかなければならない。

要注意点の具体例が
衝撃的だった。

家のローンの連帯保証人に
なっていることを忘れて

そのままにして
いざ、離婚した相手が
支払いが滞った場合

自分に請求が来てしまった
人がいた。

えええ!!!

たった1つ
名義変更を忘れただけで、
そんな目に
遭わなきゃならないなんて!

「そういうドキドキ感を味わいたい人は
やってみてくださいね」(入江さん)笑

連帯債務者になるので、
どっちかが支払わないと
延滞になり

離婚していても
逃げ切れないことになるという。

対策は
住む人の名義に
書き換えましょう、だ。

基本的に
夫婦で借り換えはできない
今借りている銀行で
借り換えはできない。

契約は
個人でやると
木っ端微塵になることが多いので
交渉方法に
気をつけなければならない。

その交渉方法に
コツがある。

そういうことを
次々と失敗事例を出して
楽しく解説してくれた。

本当に
かなり実際に直面しそうな
お役立ち情報が満載だった。

もっと聞きたかったーー!

ちょっと長くなったので
今回はここまでに。

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日

▲ TOP