アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > 離婚理由 > 【産後クライシス】産後のイライラの原因そして対策は

【産後クライシス】産後のイライラの原因そして対策は

現在、子供の年齢が0〜2歳の間の離婚率が高いと言われています。
その原因のひとつは、産後のホルモンのバランスが崩れることにあるとも言わ
れています。
ここでは、その原因と、では、妻に対して夫はどう対応するのが良いのかにつ
いてお伝えしたいと思います。

【産後のイライラの原因】

出産後、イライラしたり、精神的に不安定になってしまうのは、2つのホルモ
ンの仕業だと言われています。
そのホルモンは、エストロゲンとオキシトシンです。
では、このホルモンについて、まずは少しだけ勉強しましょうね。
円満離婚

【エストロゲン】

このホルモンは、不安や孤独を感じやすくすると言われています。
太古の昔から、女性は洞穴の中で、協力をして田畑を耕し、子育てをしていま
した。
日本でも、昭和の時代までは、「地域で協力をして子育てをする」をしてきた
ので、このエストロゲンが分泌されても孤独感や不安感を感じることは少なか
ったのかもしれません。
しかし、現在社会は、地域で子育てをする文化も薄くなり、そして、夫も帰り
が遅く、ワンストップ子育てをする人が増え、孤独感や不安感を強く感じる人
が増えてきたのだと思います。

【オキシトシン】

このホルモンは、幸せホルモンとも言われており、子供やパートナーへの愛情
を深める作用があります。
しかし、その一方で、他者への攻撃性も強めるとも言われています。
少し動物を思い出していただきたいのですが、雌が子供を守る為に、近寄って
くる他の動物を吠えて追い払うことがあると思います。
これは、子供にとって危険だと判断をすると雌は攻撃に出るということですよ
ね。
人間も同じで、自分の子供にとって危険だと判断をすると攻撃対象となり、怒
鳴ったりすることになってしまうということです。
つまり、夫が、子育てに非協力的だったり、妻の育児のルールに反したことを
してしまうと、攻撃対象と捉えてしまう。
そして、「私が1人で育児をしていると感じ」孤独感や不安感が高まってしま
うということだと思います。

【夫ができる産後クライシス対策】

ある研究で、夫が妻の話に耳を傾けているだけでも、心拍数、副交感神経がリ
ラックスの数値に変化したという結果が出ています。
育児に積極的に参加することもとても良いことなのですが、なかには、仕事が
忙しくそれは難しいという方もいると思います。
とにかく「妻の話を良く聞いてあげる」ということが大切になります。
そして、「よく頑張っているね」など、声をかけてあげると良いでしょう。
このように、妻の気持ちに寄り添う姿勢が、気持ちを落ち着かせるので、是非
、意識してみてくださいね。

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日

▲ TOP