アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > 離婚を決意したら > 【動画】子供の未来を考えた円満離婚ワンポイントアドバイス > 養育費をなるべく多く払ってもらうには

養育費をなるべく多く払ってもらうには

離婚の話し合いは、そもそも何か問題があるから「離婚をしたい」と考えるので、口論になってしまう人が多いのではないでしょうか。
そして、口論が続くと、どうしてもパートナーに対して、怒ったり、憎んだりなど、ネガティブな感情が大きくなってしまいます。
そうすると、「できるだけ養育費を払いたくない」と考える人が増え、それだけではありませんが、養育費の支払い率が約20%という驚異的な受給率になってしまうのではないかと思います。

では、どうして口論になると養育費の支払いがされなくなってしまう可能性が高くなってしまうのでしょうか。
そもそも養育費は、子供の権利です。
ですが、特に小さいお子さんの場合は、お金を管理しているのが親権者なので、どうしても、払う側の気持ちとしては、親権者にお金を支払っているような気持ちになってしまいます。
そうすると、何で「◯◯(親権者)にお金を払わないといけないの!」と思うようになり、離婚の時にきちんと取り決めてをしていたとしても、”支払わない”といったことが起きてしまいます。
では、どうしたら良いのでしょうか。
離婚をした後、パートナーと子供に少しでも幸せに暮らして欲しいと思ってもらうことが大切になります。
そうすると、「きちんと養育費を払わないといけない」という気持ちになるだけではなく、「養育費を少しでも多く払ってあげたい」と、考えるようになる可能性も高くなります。
このような、養育費の支払いだけでなく、離婚をした後、子供にとって少しでも良い環境を整えることができるのが、「円満離婚」です。
離婚の話し合いは、もめずに建設的な話し合いをすることをお勧めします。(^^)

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日

▲ TOP