アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > 離婚経験談 > 離婚が頭をよぎった21の場面 > もう限界 離婚が頭をよぎった21の場面1アメリカ出張編

もう限界 離婚が頭をよぎった21の場面1アメリカ出張編

アメリカ出張編

こんにちは。

Kです。
(プロフィールはこちら⇩)
https://allegrare.net/k

私がリボーンコンシェルジュの
飯野さんのところに
たどり着くまでに

幾度となく頭をよぎった
離婚したい気持ち。

パッと思い返しただけで
21の場面が
鮮明に思い出されたので。

それを順番に一つずつ
紹介していきます。

今回は
時系列で思い出した中で
一番古かったものです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

結婚して、多分、
半年くらいの出来事だった。

当時、夫は仕事で、
アメリカに1ヶ月くらい出張していた。

ちょうど共通の友達Nが
アメリカのボストンの近くに
家族4人で住み始めていて

イチローがマリナーズで
大活躍していた時だったので。

Nの家に泊まりに行き、
Nと一緒に
Nの家の近くにあるフェンウェイパークに
マリナーズ戦を観に行った。

そして
帰りに夫が泊まってるホテルに寄って
帰ってくる

というコースで
アメリカに遊びに行った。

NとNの家族と一緒に
Nの地下1階(バスケができる)、
地上2階(とにかく広い!)、
庭でサッカーができて
湖みたいな池がある。

そんな特大の家で食事を作ったり
ゲームをしたり
犬と遊んだり楽しく過ごした。

Nと出かけた先は
テーマパークもデカいスーパーもレストランも
もちろんマリナーズ戦観戦も
アメリカでの生活は
全部楽しかったのに。

夫と合流した時から
全く楽しくなくなった。

とにかく夫は
終始不機嫌で
イライラしていた。

夫「こっちは仕事中なんだよ!」
円満離婚仕事中って、そんなにえらいのかなぁ?

夜もずっとパソコン見ながら
会社の人と電話していて

昨日までは友達と一緒で
ずっと笑ってたのに

急にこんな不機嫌な人と過ごすの
嫌だなぁと
思わずにはいられなかったけど。

私だけ
他のホテルに泊まるお金の余裕もないし
と諦めて

曇った夜空を見上げながら
一人でビールを飲んでいた。

翌朝、ビュッフェを食べに
ホテルのレストランに行った。

海外のビュッフェに
慣れていなかった私は

周りの人を見て真似して
なんとかやり過ごそうとした。

夫は、
朝はさらに機嫌が悪そうだったから
円満離婚話しかけないことにしていた。

フルーツがいろいろあって
手でとっていいんだ、
そうかそうか、
と思い

オレンジやメロンやバナナを
手で取った気がする。

そして自分のテーブルに戻ろうと
ゆっくり歩いていたんだけど、
私は、バランスを崩して
転んでしまった。

持っていたトレイの上の
フルーツやパンがカーペットの上に
転がってしまった。

どうしよう!!
円満離婚私が転んで
床の上でうつ伏せになっているのを横目に

夫は
散らばった食べ物を集めて
近寄ってきてくれた人たちに
「サンキュー、イッツOK〜」
と笑顔を振りまきながら
周りの人にだけ声をかけていた。

私のところに来てくれた人たちは
「アーユーOK?」と
言ってくれたり

立ち上がるのを手伝ってくれたり
笑顔で顔を覗き込んでくれたりした。

なーーーんて優しいんだ!

でもこれってパートナーだったら
自然にこっちの行為を
しないかなぁ?

席に戻って
改めて食事を取りに行かなきゃ
と思っていたら。

夫「何やってんだよー。
  みっともねーなー。
  勘弁してくれよ」
円満離婚と文句を言われた。


はーーーーー?

お前は腹の底まで
真っ黒だなーー。
円満離婚そう思ったけど
泣きそうだったから
何も言えなかった。

もう、
口を聞かなくていいや
こんな人と。

そう思って
新しい食事を取りに行った。

ビュッフェの前に
さっき起き上がるのを助けてくれた
女性がいて
目が合って
笑いかけてくれた。

「これ美味しいよ」
とウィンクしてソーセージを指していたから
円満離婚「サンキュー!」
とお礼を言って私も取った。

たったこれだけのことだけど
この会話ができたから
一人じゃないと思えた。

テーブルに戻ってからは
無言だった。

夫「11時にチェックアウトだけど
  仕事だから
  もう出るから」

と言う事務的な会話だけして

夫は自分の物を食べ終わると
素早く立って
部屋に行こうとした。

私はまだ全然食べられてなかったけど
慌てて立ち上がって
朝食は終わりになった。

夫が
外面(そとづら)だけ良くて
極限的に意地悪で
嫌な気持ちになったけど

世の中には
優しくて温かい人もいると実感できた
そんな朝だった。

新婚なのに
1ヶ月会えなくても
少しも寂しくなくて

もっとずっと長く
出張しててほしいなぁ。

このまま帰って来なくてもいいよーーーー!

と思った。

ハッキリとは自覚してなかったけど
この時、既に
離婚したいって
心の底で思い始めたんだと思う。

この外面だけいいのが
この後もずっと続いていくことを

このときの私は
まだ知らなかった。

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日

▲ TOP