アレグラーレに無料相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 寺阪有生のコラム > 夫婦間のモラハラ

夫婦間のモラハラ

前回、離婚理由の第一位についてお話しさせて

いただきました。↓コラムはこちら

https://allegrare.net/riyuu-yuki/

本日は性格の不一致に含まれる

モラルハラスメント(モラハラ)

について少しお話します。

ご相談をご希望の方は
こちらをクリックして
「相談する」から申し込みください。
        ⇩⇩⇩⇩
      寺阪有生に相談

夫婦間の関係は、愛情、尊重、協力が基盤となり

互いを支え合うものであるべきです。

しかし、時にはストレスや意見の不一致が原因で、

モラルハラスメント(モラハラ)と呼ばれる問題が

発生することがあります。

このコラムでは、

夫婦間のモラハラについて深く探求し、

その気づき、理解、克服について考えてみましょう。

モラハラとは何

モラハラとは、「心理的な虐待」または「精神的虐待」とも呼ばれ、

言葉や行動を通じて相手を傷つけることを指します。

これは、身体的な虐待と同じくらい深刻な問題で、

傷ついたり、精神的に不安定になったりすることがあります。

夫婦関係において、モラハラは次のような形で現れることがあります。

1. 侮辱と非難: パートナーを軽蔑し、彼らを誹謗中傷する言葉を使うこと。

2. 無視と排除: パートナーを無視し、感情的に遠ざけること。

3. 脅迫と恐喝: パートナーに対して脅しをかけ、自由意志を奪おうとすること。

4. 制限とコントロール: パートナーの行動や交友関係、経済的な自立を制限すること。

5. 自己中心的な振る舞い: 常に自分の利益を追求し、相手の感情やニーズを無視すること。

当てはまったり、心当たりはありませんか?

これらの行動が繰り返されると、被害者は自己評価を低くし、

心の健康に悪影響を及ぼすことがあります。

精神的な不調、ストレスによる不安など

身体的にもまいってしまうかもしれませんね。

あなたが苦しくなってしまっては

周りの家族、子供たちにも影響します。

そういった点からもまずは相手のモラハラに

気づくことが第一歩とも言えますね。

次回は具体的なケースでお話しします。

ご相談をご希望の方は
こちらをクリックして
「相談する」から申し込みください。
        ⇩⇩⇩⇩
      寺阪有生に相談

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP