アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 小堀ひろみ > 自分を愛することから始めてみませんか?

自分を愛することから始めてみませんか?

ひろみです。

世の中で自分のこと大好き!
という人はどれくらいいるのでしょう。

なかなか自分を愛せない、
自分を認められない、
自分を否定的にみてしまう、
という人が多いのではないでしょうか。

今日はそんな人たちと、自分に対して、

「自分を愛する」

という私の心の叫びを
書いてみたいと思います。

・自分が嫌い

私は若いころ自分のことが好きじゃなかった。
コンプレックスをたくさん抱えていた。

両親からあまり褒められたこともなかった。

だから勉強も運動も頑張ったし、仕事も頑張った。

子供のころから、ある意味 優等生だったと思う。

優等生は生きずらい。

羽目を外したくも外せない。
そんな自分を想像できなかった。

親が決めたレールの上を、なんの疑いも持たずに歩いてきた。

だから、自分らしさが分からなかった。

ただ
いつか誰かに、
そのままでいいんだよ。
がんばってるね、
よくやってるね。

と言ってもらいたかった。

でもいくら頑張っても、成果をあげても、
自分のことを好きになることはなかった。

誰かに褒めてもらったり、認めてもらうことを望んで
頑張ったとしても、満たされない。

もっと、もっとと求めてしまう。
そんな自分が嫌いだった。

いつも満たされない思いを抱えていた。

そんな私を到底認めることは出来なかった。

自分にそのままでいいんだよ、と
言ってあげられなかった。

・心の叫び

自分を愛せない私は、人も愛していなかったのではないか?

友達も、親のことも、愛せていたのか?

夫を愛していたのか?

そんな自問自答は怖くて、出来なかった。

自分の本当の気持ちを認めるのが怖かった。

自分を愛せない私は、いつしか
人を好きになることが出来なくなっていた。

・一番大切なこと

離婚した私が今言えることは

自分が自分のことを好きになること、
愛することが
もっとも大切だということ。

自分のコンプレックス、
いいところもそうでないところも

光も闇も、

全てを許して、認めて愛すること。

そうすることで、
人を許し、
人を認め、
人を愛することができる。

どんな私も素晴らしい!!
どんな私もそのままでいい!!

そんな当たり前のことに気づかなかった。

自分を愛せなければ、人も愛せない

離婚して初めて気づいた。

私が私のことを愛してあげなければ
誰が愛してくれるの?

私が私を認めなければ、
誰が認めてくれるの?

私は私の一番の理解者、

一番の応援団でいたい!!

まずは自分を愛することから始めてみせんか?

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日

▲ TOP