アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > 離婚経験談 > 離婚が頭をよぎった21の場面 > もう限界 離婚が頭をよぎった21の場面5 黒いコートを捨てた 編

もう限界 離婚が頭をよぎった21の場面5 黒いコートを捨てた 編

黒いコートを捨てた 編

こんにちは。

Kです。
(プロフィール)
https://allegrare.net/k

私がリボーンコンシェルジュの
飯野さんのところに
たどり着くまでに

幾度となく頭をよぎった
離婚したい気持ち。

パッと思い返しただけで
21の場面が
鮮明に思い出されたので

それを順番に一つずつ
紹介していきます。

今回は
時系列で思い出した中で
5番目に古かったもの。

黒いコートを捨てた 編
をお届けします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

長女ムーちゃんが0歳の
秋のある晴れた日だった。

出産して初めて
電車に乗って
ムーちゃんと夫と3人で

都心のオープンカフェに
ランチに行くことになっていた。

出産してからそれまで
半年以上にわたって

私は
1日のほとんどを
ムーちゃんと
近所の児童館、
公園や広場、
スーパーくらいにしか
出かけない

生活範囲極小環境で
暮らしていたから。

そのお出掛けを
とても楽しみにしていた。

その日は朝から
朝食を作って食べて
片付けて
授乳して

オムツを替えて
ゴミ出しして
洗濯して干して、

その合間に
寝返りして
動き始めたムーちゃんを

あやしたり
出かける準備の持ち物を

バッグに入れたり
着替えをさせたり
大忙しだった。

夫は
私より何時間も遅く起きて
朝食を食べて
自分の支度を
しただけだった。

朝食の後片付けも
してなかった。

そして約束の時間ピッタリに

夫「まだなのかよ?」

とイライラした声で
玄関から
呼びかけてきた。

私は
とにかく楽しみだったから
「少しは手伝ってよ」
と言いたかったけど、言わず

私「あとちょっと〜

待ってて〜」

と身支度を急いだ。

そういう時に限って
普段あまり化粧をしてなかったので

適量がわからず
ファンデーションがやけに多く
手に出てしまったり
チークもムラで

うまく付けられなかったけど

まっいいかーーーー♪

お出掛けお出掛け♪

と思って
半端なく急いだ。

「お待たせーー♪」
と言って玄関に行くと

夫は

「は?
何、その格好。

何張り切っちゃってるの?
黒いコート、全然似合わないよ」

と言い放った。

私は、

絶壁から

突き落とされたような

気持ちになって


無言で着替えに行った。

いつも児童館に着ていく
カーディガンにしたのか、
もう何に着替えたかなんて
何も覚えてない。

とりあえず
泣きそうになりなりながら
なんかに着替えた。

ショックすぎて
何も覚えてない。

怒りが心を充満して
少しでも吐き出さないと
一歩も
歩けない気がしたから

いつもは
飲み込んでしまってたところを

その日は
勇気を振り絞って
言ってみた。

 私「さっきの言い方、ひどいんじゃない?」

夫「嘘はつけない」

私「じゃあさ、
私が朝から今までに
何をやったか

全部

一つ残らず言ってみてよ!」

夫「言わない。
なんでそんなこと言わなきゃ
ならねーんだよ」

終わった

これ以上何を言っても
無駄だと思って
会話は決裂した。

楽しみから一転
そこから

地獄の
無言のお出掛けが始まった。

いつもは
お昼寝をしてくれるムーちゃんが
その日は終始ギャン泣きだった。

楽しみにしていた
素敵なカフェについても
ギャン泣きが止まらなくて

ゆったりと
雰囲気を味わうどころでは
なかった。

ひたすら私が
抱っこするしかなく

ベビーカーの中に
戻すと
ギャン泣きだった。

私「パパも抱っこしてみてよ」

夫「どうせ泣き止まないから
無駄」

結局
外面をかなり気にする夫は
周りの人に迷惑なんだよ!

せっっかく届いた
彩りがめっちゃ綺麗で
美味しそうな

ランチプレートを前に

イライラと歯軋りをして

夫「もういいから!!」

と届いたランチを
ほとんど食べずに
(私も食べられず)
カフェを出た。

うっそーーー!!

交代で
抱っこするとか

近くをベビーカーで
散歩するとかしてでも

食べたかったよーーーーー!!

それでも
予定していた
セレクトショップには
なぜか
行った。

夫「まだ決まらないのかよ?

なんでもいいから
早くしてくれよ
それでいいから!」

という強引さと適当さで

なんか洋服を買ってくれた
気がする。

何の洋服だったかは
全く覚えていない。

ただ、
全然嬉しくなかったから
速攻で帰宅したのだけは

覚えている。

そして、
帰宅して
その日着て行こうとした
黒いコートを
ゴミ箱に投げ捨てた。

全然似合わないと
言われたことが

脳に、
痛みを伴って
深く刻まれていたから

私は、
その後14年間にわたって
黒いコートや
黒い上着は
お店でも
ネットでも

一切買わなかった。

ムーちゃんが中学2年になって
夫と別居できてから

もしかして

黒もイイじゃん!

と、自分が着たい服を

似合うと思えた服を
着ればいいんだ!
と思えてる。

あなたは
夫に言われて
止めていること
ありませんか?

無意識で
規制していること
我慢していることは、

自分が一番
わからないかもしれません。

心配事、モヤモヤがあったら

一度
アレグラーレに
相談してみませんか?

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日

▲ TOP