【子連れ離婚】児童扶養手当の落とし穴

2016-04-23 | Posted in 手続, 離婚, 飯野馨巳のメルマガ |  

お子さんがいる方の離婚の時は、ひとり親の手当の申請をしてくださいと相談者の方にお話をします。

 

離婚届を提出したその足で子育て支援の窓口に行くようにお話をいつもしています。

 

細かいところでは、医療費、水道代、粗大ごみなどが割引されたりするのですが、とにかくお子さんがいる方の強い味方は児童扶養手当と児童育成手当です。

 

なのですが、この制度、収入の金額が上がると、助成される金額は減るという計算方式になっています。

 

これがある意味落とし穴になってしまうことがあるのです。

 

例えば、パートなどで助成金を満額もらって生活をしているとします。

 

そうこうしている間に、子供が対象年齢にあたる18才になってしまったら、その後受給されなくなってしまうんです。

 

その時に、それでも生活をしていけるだけの金額を得ていれば良いのですが、収入をアップしないと難しい状況だったとします。

 

子供が18才になるということは、ほとんどの方が40才以上になるのではないかと思うんですね。

 

となると、その時に収入をあげようと思ってもかなり大変です。

 

つまり、手当をもらう生活に慣れてしまうと、収入➕手当があたりまえのように錯覚してしまうという怖さがあるのです。

児童扶養手当
最初にも書きましたが、私は、お子さんがいる方には、離婚をしたらまず申請をおすすめます。

子供には、お金がかかるので、助けてもらえる制度は、できるだけ利用した方が良いと考えています。

 

でも、延々にもらえるわけではないことを念頭において、制度を利用できるうちに、将来のことを考える必要はあると思っています。

 

お子さんがいて仕事をしていると日々の生活であっというまに時間が経ってしまいますよね。
少なくとも私はそうでした。

 

焦る必要はないのですが、お子さんと自分の年齢を考え様子をみながら考えてみてくださいね。

 

 

『私も、子どもも幸せになる再出発セミナー』

🌼🌼あなたの理想の離婚条件を実現する方法をお伝えします。🌼🌼
弁護士とリボーンコンシェルジュがタッグを組んで、法律面から離婚後の生活までも踏まえた、お話をさせていただきます。
是非、ご参加ください。

お申し込み詳細は
http://allegrare.net/rikon-seminar/

 

リボーンコンシェルジュ

 

後悔をしない選択へ導くリボーンコンシェルジュ

飯野馨巳のページ
 
 
 

 

ブログ村ランキングへ参加しています
よかったらクリックご協力お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村

 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます