アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > 離婚を決意したら > 離婚の協議を弁護士に依頼をする意外な落とし穴

離婚の協議を弁護士に依頼をする意外な落とし穴

あなたが離婚をするとしたら弁護士に依頼をしますか?
もしあなたが少しでも良い条件で離婚をしたいと考えているなら
まずは弁護士に依頼をせず話し合いをすることをお勧めします。
実は、協議離婚の方が、 好条件で離婚ができる可能性が高かったりするんですよ。
では、それはなぜなのかをお伝えしたいと思います。

裁判離婚の場合

最初から離婚の協議を弁護士に依頼するメリットは、
あなたが直接話し合いをする必要がないことですよね。
夫と口も聞きたくないとか
夫と話し合いをしても言いくるめられてしまいそう
と、心配な方は最初から弁護士に依頼をするのもひとつの方法だと思います。
でも、弁護士に依頼をするということは、
あなたがそう思っていなくても、
夫にはあなたが戦闘モードであると
思われてしまうかもしれません。
また、あなたが弁護士を立てれば夫もおそらく弁護士に依頼をすると思います。
そうすると、法律という枠の中で、離婚から離婚条件まで決めることになります。
つまり、その枠の中で慰謝料の金額、養育費などを決めて行くことになるということです。

それと、なんといっても夫は戦闘態勢ですよね。
なので、あなたの希望をのんであげようと思ってもらえることは期待できなくなってしまいます。

調停離婚の場合

では、弁護士を立てないで
調停で話し合いを進めて行くのは?
と、考えた方もいると思います。
実は、調停も裁判ほどではありませんが、
調停委員という第三者が真ん中に入って話し合いをするので、やはり枠の中で考えるようになってしまいます。
それと、調停は調停委員というフィルターを通して意見を交換するので、
夫にある意味あなたの気持ちが伝わりずらいこともあるのです。

協議離婚のメリット

協議離婚のメリット

良く考えてみてください。
離婚条件は、両者が同意をすれば基本OKです。
つまり同意が得られれば、慰謝料や養育費が高額であっても、問題がないのです。
離婚条件を考えた時には、協議離婚より調停離婚
調停離婚より裁判離婚
と、どんどん条件が悪くなってしまう可能性があることを
覚えておいてくださいね。
まずは最初は、協議で円満離婚を目指すことをお勧めします。

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日

▲ TOP