アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > 離婚経験談 > 離婚が頭をよぎった21の場面 > もう限界17 まさかの小学校入学式事件 編

もう限界17 まさかの小学校入学式事件 編

こんにちは。

Kです。
(プロフィール)
https://allegrare.com/l/m/39ll1y6NdCZ1RQ

私がリボーンコンシェルジュの
飯野さんのところに
たどり着くまでに

幾度となく頭をよぎった
離婚したい気持ち。

パッと思い返しただけで
21の場面が
思い出されたので

それを順番に一つずつ
紹介していきます。

17番目の今回は
小学校入学式の
話です。

もしあなたが
小学校の入学式に関することで
めちゃめちゃ頭にくることが
あったとしても

これを
読んだら
また、溜飲を下げられる
かもしれません。

「まさかの小学校入学式事件 編」

長女むーちゃんの
小学校の入学式が
近づいてきた時

仲良しだった
幼稚園のお友達が
一人もいない
近所の小学校に
入学だったので

むーちゃんは
少し不安がある
みたいだった。

そんな中、
水色のランドセルを
何度も背負ってみたり、

入学式用に
叔母に作ってもらった
ワンピースを着たりして

やっぱり
楽しみにしている
ようだった。

4月の入学式は、
その年の
桜の開花が遅く
校庭の桜が満開で
とても綺麗だった。

お義父さんが
「私は小学校の入学式は
 地元の役員の関係で
 たくさん
 出席してるんだよ。
 来賓席で」

というよくわからない
理由で参加してくれた。

お義父さんは
慣れているはずなのに
なぜか普段着だった。

なので、
私と夫とお義父さんの
3人が保護者として
入学式に参加した。

夫は
学校行事になると
とにかく写真を
撮りまくるので

その日も
一眼レフのシャッター音を
カシャカシャと
鳴り響かせていた。

自分の子どもだけでなく
他のお友達や先生や
保護者たちも
たくさん撮影していた。

私は一眼レフは
使い慣れていないけど
夫にやり方を聞いて
夫の2台持ちのうち
小さい方の一眼レフで
夫のことも
撮影してあげた。

まだまだ6歳の
子どもたちは
集合写真ひとつ撮るのも
すぐに誰かが
横や下を向いてしまい

何度も撮り直しを
していた。

その子どもたちの
モゴモゴした様子が
なんともいえず
可愛いかった。

夫は
むーちゃんが
校庭の鉄棒のところで
ランドセルを背負ったり
桜の木の下、
教室で担任の先生と
など

いろんな場所で
写真を撮っていた。

私は
夫のカメラに向かって
むーちゃんの横に立って
何度も
キメ顔をしていた。

夫は、
周りの保護者に
カメラを頼まれて

外面(そとづら)全開で
何枚も
ポーズ変えまでして
撮影していた。

私も
夫とむーちゃんの2ショットと
お義父さんとむーちゃんの2ショットを
何枚も撮ってあげた。

幼稚園時代、
お遊戯大会や
お祭りや
運動会など
行事があった時は

夫が撮ってきた
写真を
家に帰って
デジタル表示で
むーちゃんと見るのが
恒例になっていたので

その日も
1000枚以上
撮影された写真を
順々に見ていた。

変な顔をしている子や
不機嫌な顔をしている子の表情が
面白くて
むーちゃんと
見ながら笑っていた。

でも、
いくら見ても
私とむーちゃんの2ショットの写真が
出てこない。

あれ?

そんなはずはないと思った。

だって
むーちゃんと2人で
何回も
夫のカメラを見たよ。


「なんでむーちゃんと私の
 2ショット写真が
 1枚もないの?」

「まさか、
 撮ってなかった
 なんてことないよね?」

驚きとショックで
にわかには信じられなかったが

もう1台違うカメラで
撮ってたのかな?

夫に2回聞いた。

夫は無言だった。

返事もしないって
ありえない。

私は
「一生に一回しかない
 小学校の入学式の
 むーちゃんとの写真が
 ないって
 酷すぎる」

と泣きそうになりながら
訴えた。

夫から返ってきた言葉は
「じゃあ、
 どうすればいいんだよ」
だった。

私は仕方なく
「もう今日は疲れたから
 明日、近所の広場で
 ちゃんと撮って」
と小さな声で言った。


「わかったよ。
 撮り直せばいいんだろっ」

全然反省がない言葉に
「いやいや撮り直すって
 そもそも撮ってないから」
と言い返す気力も出なかった。

なんで
お義父さんの写真は
10枚以上あるのに
私がゼロ枚なんだよーー。

お義父さんだって
「家族3人で撮ろうか?」
って言って
1枚でも撮ってくれてたら
来た意味もあったのになー。

夫の写真だって
私は何枚も
場所を変えて
肩車の笑顔写真も
撮ってあげたのに。

どういうことだよーー。

信じられないーー!!

許せないーー!!

穴があったら
叫びたかった。

翌日、
むーちゃんは
「もうあのワンピースは
 着たくない」
と言うので

私だけスーツを着るのもなー
と思って。

普段着での
写真撮影になった。

少しも
入学式感がなかった。

本当に
私のは1枚もない。

という事実が
いつまでも許せなくて
怒りの塊として
心の中に
深く深く刻まれた。

リボーンコンシェルジュの
飯野さんに出会った
今なら

もっと自分自身も
夫とコミュニケーションを取る
努力をしてたら

解決できたかもしれない
という可能性があった
とも思う。

写真ゼロという数字は
夫の
私に対しての
気遣い指数とも
興味指数とも
思えた。

そして、
私は、その後も
トラブルが続く中

被害者意識のまま
自分の本当の気持ちに
気付こうとしなかった。

もし今、
あなたの夫婦関係が
おかしくなっていたら

一人で見過ごさずに
一度、Kにご連絡ください。 

クララという名前で
親子関係のブログも書いています。
良かったらこちらもどうぞ ↓

https://allegrare.com/l/m/RlO888Zd9kEI81

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日

▲ TOP