【子連れ離婚】の3つの注意点

2016-07-02 | Posted in 飯野馨巳のメルマガ |  

お子さんがいるあなたが離婚を決断しているとしたら、子供の気持ちに配慮した離婚をしたいですよね。

ではどんなことに気を付けてあげるとよいのかをお伝えしたいと思います。

離婚する時期を考える

以前にもお話しをしましたが、私は、息子(怪獣くん)が幼稚園に入って4ヶ月で離婚をしました。

私は仕事をしなければならないので、怪獣くんに保育園に移って欲しいと話しをしたのですが。。

 

そもそも幼稚園の短い時間でも、慣れるのに大変だった怪獣くんだったのに、更に夕方までとなると耐えられないと感じ、精神的に追い詰められてしまったのです。

ということがあり、私は14時半までしか預かってくれない幼稚園に3年間通わせることにしたんですね。

これは、私にとっても、かなり厳しい決断でした。

このようなことにならないように、できればお子さんの入学や卒業などを考慮して離婚する時期を決めることをお勧めします。

お子さんが2名以上いる場合は、なかなか難しいものがあると思いますが、お子さんの性格などを考慮して考えてあげるのも良いと思います。

 

環境に配慮

離婚によって片親と一緒に住めなくなってしまうのは、子供にとっては親が思っている以上に試練だったりします。

我が家は、夫の帰宅が遅かったので、怪獣くんはそこまで気にならないのではと私は思っていたのですが、全く違いました。

少しだけお話しすると、それまでは、どちらかと言うと色彩豊かな絵を描く子供だったのですが、真っ黒い絵を描くよになってしまったのです。

クレヨンを私が持ち替えてあげても、黒にまた戻して描くのです。

パパと一緒にいられなくなったことだけが原因ではないと思いますが、でも、原因の1つだったのは間違えありません。

 

と、子供にとっては、パパがいなくなった、それだけでも辛いことなので、できるだけ環境は変えないようにすることをお勧めします。

例えば、同じ学区内で引っ越しをするとか、

おじいちゃん、おばあちゃんと同居をして、一人でお留守番をする時間をなくしてあげるなど

少しでも子供にとって居心地の良い環境を整えてあげるのはとても大切ですよ。

 

 

子連れ離婚

 

少しづつならして行く

先ほども、話をしましたが、パパがいなくなるだけでも、その環境になれるまで子供なりに試練です。

それなのに、ママまでが、今までと違ってしまったらダブルで試練がやってきますよね。

 

怪獣くんの場合ですが。。。

私は離婚をするまで仕事をしていなかったので、怪獣くんと幼稚園に行くまで24時間離れたことがありませんでした。

それなのに、離婚をしたら私が仕事をするようになったわけですよね。

その上、夜仕事を持ち帰ったりしていたので、私と遊ぶ時間がグッと減ってしまったんですね。

 

怪獣くんからしてみたら、パパはいなくなるし、私までも、なんだか忙しそうでかまってくれないと、いろいろ我慢しなくてはならないことが一気にやってきてしまったわけです。

3歳の怪獣くんには、これもまた辛いことでした。

ですので、もし仕事をしていないとしたら、まずは、アルバイトをしてママが仕事をしている環境に慣らしてあげるなどしてあげるとよいと思います。

仕事以外でも、結婚中に少しずつ環境を変えて行く配慮ができることはしてあげると良いと思います。

 

 

私は何の準備もしないで、突然離婚をしたことで、させなくても良い試練をたくさん怪獣くんに乗り越えさせてしまいました。

できれば私と同じようなことにならないように、お子さんの気持ちに配慮して離婚の準備をしていただきたいと思います。

急いで離婚をした方が良い事情がある方もいらっしゃると思います。

それぞれの置かれている立場で、できる範囲で配慮をすれば、その気持ちはお子さんに伝わると思います。

 

 

私も、子どもも幸せになる 再出発セミナー

弁護士とリボーンコンシェルジュが離婚に必要な情報をお伝えする唯一のセミナーです。

離婚の法律面は、弁護士から、リボーンコンシェルジュからは、法律以外の離婚に必要な情報をお伝えします。

◆詳細&お申込み ↓

私も、子どもも幸せになる 再出発セミナー

 

 私のリボーンコンシェルジュに込めた思いを話させていただいています。

時間ごとのタイムスケジュールで飛ばしながら観られる方は、次で確認ください。
http://allegrare.net/nettv-guest/

 

クリック ↓

女性の再出発を応援するリボーンコンシェルジュ飯野馨巳

 

ブログ村ランキングへ参加しています
よかったらクリックご協力お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村

 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます