【子連れ離婚】離婚後、後悔をしない為に、悩んでいる今知ってください

2016-06-02 | Posted in 離婚, 離婚の豆知識, 離婚体験談, 離婚前の悩み |  

離婚をしたお相手とまた再婚をするという話を聞いたことはありませんか?
これは、ある意味離婚をしたことを後悔をしているということです。

また、もっと財産分与をもらっておけば良かったとか。
養育費をもらるようにしておけば良かったという条件面で後悔する方も少なくありません。

ここでは、離婚後、どんなことで「後悔」をする人が多いのかをお伝えします。

離婚前に、どんな後悔があるのかを知ることで、あなたは後悔のない離婚ができるよう参考にしてください。

 

どんなことに後悔するの。

後悔で多いのは、財産分与、養育費、慰謝料とお金に関すること

離婚の話し合いをしていると、常識では考えられないようなことをする人がいます。
つまり、離婚の話し合いは、かなり精神的に辛いことも多いのです。

そうすると、その話し合いに疲れてしまい、離婚条件を妥協してしまう人が多くいます。

その時は、もうこの状態を終わらせることができるなら、「これぐらいはいいか!!」と思ってしまうのです。

でも、お金のことは、離婚をして少しすると、ボディーブローのように、じわじわ感じてきます。

つまり、生活も気持ちも、落ち着いてきたころ、後悔をするようになるのです。

特に、養育費は、子供が成人するまで毎月支払われるものです。

そして、子供が小さい頃はまだ良いのですが、中学生以上になると塾代や学費など、とにかくお金がかかるようになります。

そうすると、養育費をもらっておけば良かったと後悔することになるのです。

例え1万円違っても、長期間で考えると、大きく違ってくるので、妥協をしないで、後悔をしないようにして欲しいと思います。

 

後悔で一番やるせないのは「親権」

これは、感じる時期はさまざまだと思いますが、手放してしまった母親の多くが、どこかで一度は、そして、深く後悔をしているのではないかと思います。

なんで、私が一番やるせない気持ちになるのかというと、お金は、働けばなんとかなると思うのですが、親権で後悔をしても、なんともならないからです。

離婚で、もめると、お相手も、心のどこかで「親権」をとっても育てるのは難しいのではと思っていても、意地になって絶対に譲らないといった感じになってしまいます。

そうすると、話し合いに疲れ果て、「親権」を諦めそうになる方がいらっしゃいます。

私は、「親権」は、最後まで絶対に諦めないで欲しいと思っています。

なぜなら、一度決まった親権を取り戻すのは非常に難しいからです。

 

離婚後後悔しないために親権をとる

 

 

私が後悔をしたこと

私は、何度か話をしていますが、離婚をする時、3歳の息子と毎日話し合いをしました。

息子は、「ママとパパが仲良しでなくても良いので一緒にいて欲しい」と思っていたのですが、最後は、理解をしてくれました。

とはいえ3歳の息子にとっては、どうにもならないと諦めたんだと思います。

納得はしたものの受け入れられない現実が息子にはあって、精神的におかしくなってしまったのです。

その頃、夫婦問題のカウンセラーの存在を知り、相談していたら、もっとできることがあったのではないかと思いました。

私自身は、離婚する前に本当に悩みに悩んだので、正直、晴れ晴れとした気持ちでいたので、離婚したこと事態は後悔をしていませんでした。

それは、離婚をするまで、やれることはやりきった!と思っていたので、「息子とこれから幸せになるぞぉー」思っていたからです。

でも、息子が苦しんでいるのを見て、本当にやれることを全てやったのか?と思ったのです。

これも「後悔」の1つなのかもしれません。

 

離婚をした後、自分では思ってもみなかったところで「後悔」をすることもあるし、離れて分かることもあります。

私のようにやりきった!と思っていても、やり残したのではと感じることもあるのです。

どちらにしても、離婚をした後、いろいろ感じたり、思っても、後の祭りです。

あなたにとって後悔がない選択ができるよう、私は願っています。

 

大切なお知らせ

実際にカウンセリングをしてきた夫婦問題に悩む男女の事例や

私自身の本当は人には言いたくない様な離婚当時の話を赤裸々に

語った、しあわせ離婚メルマガをスタートさせました。

子連れ離婚時の子どもへの影響についても書いています。

 

こちらを是非ご確認頂き、メルマガに登録しておいてください。

しあわせ離婚メルマガ

 

ブログの順位を上げるために是非応援ください。
クリックご協力お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

上へ