夫に離婚したいと言われたらあなたが時間をかけてすること


夫に「離婚したい」と言われたら…
あなたが離婚希望者であれば、渡りに舟ですね。
しかし、相手の言葉にすぐに飛びつかず、冷静になって好条件を引き出してから離婚を進めていきましょう。

一方であなたが離婚をしたくないと思っている場合は、突然の言葉にパニックを起こしてしまいますよね。
しかし、この場合も、夫との関係をさらに悪化させることのないよう、冷静になりましょう。

ここでは、夫から離婚を切り出された際に、どうすればいいか、妻が離婚したいと思っている場合と離婚をしたくないと思っている場合に分けて、対応方法をご紹介します。

 

あなたが離婚をしたい場合

夫婦が共に離婚に合意している状況ではありますが、焦って離婚をする前に有利な離婚条件を引き出してから離婚を進めていきましょう。
離婚に際しては財産分与、子供がいる夫婦であれば、親権者・養育費等を決める必要があります。
離婚を切り出してきたのは夫ですから、その状況をうまく利用し、「早期に離婚をしたいなら、この財産は私に…」といった具体に、賢く交渉をしていきましょう。

また、突然離婚を切り出す夫の陰には、かなりの高確率で女性が存在するかもしれません。
その場合は、夫の不倫の証拠をしっかりと押さえることができれば、夫と不倫相手の双方へ慰謝料を請求するということも可能になります。
離婚後の新生活にあたっての重要な資金源として期待ができますので、もはや夫の不貞行為にも興味がない状況かもしれませんが、あなたの未来の安定した生活を確保するためにも、よく考え、時間をかけて進めていきましょう。

離婚したいと言われたら

 

あなたが離婚をしたくない場合

離婚は一方の意思だけでは成立しません。
つまり、夫が離婚を切り出してきたとしても、あなたが合意しない限り、離婚はできません。一度離婚を口にした夫は、以後も「早く離婚してくれ」「もう愛情がない」「気持ちは変わらない」「離婚してくれないなら家を出る」等と、あなたが離婚に合意するように促してくる可能性がありますので、まずはあなたが「何があっても離婚をしない」と、強い意思を持つことが大切です。

そのうえで、夫の気持を取り戻すためには、夫の変化に期待をせず、自分自身が変わる努力も必要になってきます。
これまでのあなた自身の行動を振り返ってみましょう。
夫に感謝の気持ちを伝えていましたか?
料理や掃除など、夫の期待に応えていましたか?
夫のご両親とコミュニケーションはとれていましたか?
夫の気持ちが離れてしまった以上、ここは寛容な気持ちで夫の期待に応えられるよう、行動を少しずつ、出来るところから変えてみましょう。

 

時間をかけて

あなたが離婚希望者であっても、そうでなくても、夫が離婚を切り出してきた際には、時間をかけ、相手と交渉を進めることが、あなたに有利な状況をもたらします。
夫の言動に感情的にならず、幸せな未来のあなたを思い描きながら、冷静に対応していきましょう。

その為に「私も子どもも幸せになる再出発セミナー」で離婚の知識をつけませんか。
本やインターネットで一人調べるよりも、離婚弁護士と夫婦専門カウンセラー2人のプロによる離婚セミナーで、離婚の基本知識、進め方はもちろん、セミナーでしかお伝えできないあなたに必要な情報を厳選してお伝えしています。
知識があるとないとでは、行動も違ってきますし、それによりあなたの未来の生活も変わってくるでしょう。

 

セミナーに参加して気持ちの整理をしませんか?

『私も、子どもも幸せになる再出発』セミナー

離婚に悩んでいる方に必要な情報を厳選して、離婚のプロである弁護士とリボーンコンシェルジュが開催する離婚セミナー。

押見弁護士より、法律の情報(親権、財産分与等)と、セミナーでしかお伝えできないような、対策方法などもお話させていただきます。ぜひ、お話を聞きにいらして下さい!
 ↓   ↓
◆お申し込み&詳細◆

 

個別カウンセリング&離婚後のライフプランシート作成

夫と離婚をしたいけれど、離婚後のお金のことが不安で悩んでいるあなたへ
離婚後のお金の不安を解消する秘策、子供にかかる未来のお金がわかります。
離婚後の生活を具体的にシミレーションをすることで、漠然とした不安が解消されますよ。
 ↓   ↓
◆お申し込み&詳細◆

 

 

◆3月10日【離婚+リボーンはRの幸せ】
    リボーンの騎士(ゲスト)シングルマザーまいさん
    離婚経験者からのメッセージ   ぜひ、ご覧ください!

 

 

リボーンコンシェルジュ

クリック ↓

夫婦問題はお任せください!
リボーンコンシェルジュ 飯野馨巳

 

クリックご協力お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます