すぐにでも離婚したい方


ー調停・裁判では解決できない4つのことー

リボーンコンシェルジュ(円満離婚カウンセラー&コンサルタント)飯野馨巳(なおみ)が早期解決を実現します。

調停・裁判では解決できない4つのこととは、

1 性格の不一致、価値観の相違での離婚
2  算定基準以上の養育費で合意
3  短期間での離婚
4  面会交流の約束

こんな方におすすめ

・ 離婚を考えている人
・ 離婚後の経済面で不安を感じている人
・ できるだけ早く離婚をしたい
・ 離婚後子供とお会いたい人
・ 性格の不一致、価値観の相違が理由で離婚をしたい人

1  性格の不一致、価値観の相違での離婚

弁護士に依頼をして「性格の不一致」、「価値観の相違」で離婚をするのは難しいのをご存知ですか?
それは、裁判では、民法770条にある5つの理由に該当しなければ「離婚」の判決を得ることは困難だからです。
「法律は家庭に入らず」という言葉があり、裁判(調停含む)で、離婚をするにはには、浮気の証拠があるとかDVを受けている、失踪しているなど、それ相応の理由がないと離婚の判決には、なかなかなりません。
なので、調停から裁判と何年も時間をかけて、結果、離婚ができない人が多くいます。
それを円満に話し合いを進めることで離婚をすることを可能にします。
私の相談者の方に、裁判で離婚の判決を得られなかった人が離婚に同意を得ることができました。

2 算定基準以上の養育費で合意
調停や裁判になると、裁判所で決めれている算定基準で養育費の金額は決定します。
なのですが、算定基準は正直かなり安く子供を育てるには不十分です。
円満な話し合いをすることで算定基準にこだわるのではなく、子供にとってどうすることが良いのかを考えることができるので、算定基準以上での合意を可能にします。
私の相談者の方はプラス6万円/月の人もいます。

3 短期間での離婚実現
離婚の話し合いでもめると、離婚までに時間がかかり精神的に辛くなってしまいます。
調停から裁判になると、何年もかかることが多くあります。
それは、調停も裁判も、次の調停や裁判まで、時間がかかるのがひとつの要因です。
私の相談者の方は、10年以上離婚ができなかったのに、約二ヶ月で離婚をすることができました。

4 面会交流の約束
親権を取れなかった父親が子供と会えなくなってしまうということがあります。
それは、離婚の話し合いでもめてしまうと、「こんな人に子供を会わせたくない!」と考えるようになり、結果、子供を会わせないからです。

また、両親がもめているのを肌で感じている子供が、「父親に会いたい」と言いづらくなり子供が被害者になってしまうことも少なくありません。
円満に話し合いを進めることで、父親が子供に会える環境を整えられるだけではなく、子供にとってもベストな環境を整えることができます。

私の相談者の方は、子供が自由で会えるように、小学校を卒業するまでは、同じ学区内に住むことを公正証書に記載した人もいます。

離婚協議書を公文書にするには、公証人しかできない

公正証書は、弁護士に依頼しても、最後は、公証人に作成してもらうことをご存知ですか?
つまり、公正証書は、弁護士が作成するわけではないのです。
弁護士には、離婚協議書の内容に漏れがないか、条件的に自分が損をしていなかなど、確認してもらうところに意味があります。

公証人は、元裁判官など、法律に詳しい人がなっていることが多いので、弁護士に離婚協議書をわざわざ依頼しなくても作成することができます。

どのように離婚のサポートをしてくれるのですか?

私は、相談者の黒子として、あなたが離婚に応じる応じないを含め、あなたが、円満に離婚の話し合いを進められるように、アドバイスをさせていただきます。

例えば、1回目の話し合いは、どのような内容でどのように話し合いを進め、2回目の話し合いは1回目の話し合いを受けて、どうすれば良いかなど、細かくアドバイスをさせていただきます。

そして、あなたの離婚条件も一緒に考えます。

円満離婚は、あなたの言葉で伝えるから実現できるので、夫婦の間に入って話し合いを調整することはしていません。
それは、調停を想像してみてください。
私が調停員と似た立ち位置になる為、お互いの主張を言い合う場になり、結果、円満離婚をすることが難しくなってしまうからです。

また、いくらお相手に、中立な立場で調整をすることをお伝えしたとしても、どうしても依頼をいただいた方の味方だと思われてしまい、円満離婚をすることが難しくなってしまうということもあります。

父親(親権者ではない親)が子供と会える ことにも配慮します

親権を取れなかった父親が子供と会えなくなってしまうということがあります。

それは、離婚の話し合いでもめてしまうと、「こんな人に子供を会わせたくない!」と考えるようになり、結果、子供を会わせないからです。

また、両親がもめているのを肌で感じている子供が、「父親に会いたい」と言いづらくなり子供が被害者になってしまうことも少なくありません。

円満に話し合いを進めることで、父親が子供に会える環境を整えられるだけではなく、子供にとってもベストな環境を整えることができます。

私の相談者の方は、子供が自由で会えるように、小学校を卒業するまでは、同じ学区内に住むことを公正証書に記載した人もいます。

子連れ離婚は飯野馨巳の「円満離婚」で!

離婚後、夫婦、子供にとって良い環境を整えることを可能にします。
離婚の話し合いでもめると、実は、一番の被害者は子供になってしまいます。
そうならない為にも、円満に話し合いを進めていくことが大切です。
結果的に、離婚しないことになる場合もあります。

コンサルティングメニュー

🌼対面コンサルティング
1時間30分:15,000円(税別)
延長2,500円/15分
※初回のみ1時間45分で同一料金

🌼電話コンサルティング
(zoom、Skype可能)
お会いしているような感覚でお話ができるので遠方の方にオススメ。
zoomは、PC,スマホ、タブレットがあればどなたでも簡単にできます。

90分:15,000円(税別)
延長2,500円/15分
※初回のみ1時間45分で同一料金

予約時間

予約時間:10時~18時:月・木・金  
予約時間:10時~21時:火・水・土
   

お休み:日・祝日

※カウンセリング終了時間で明記しております

 

お客様の声はこちら

 

飯野馨巳が円満離婚コンサルティング「アレグラーレ」を立ち上げた想い

私は、子供がうちに帰ってきたときに「おかえりなさい」と言ってあげられる子育てをしたくて出産をきっかけに退職をしました。
しかし、子供を産んでしばらくした頃から離婚を考えさせられるような出来事が起こり始めました。

しかし、「子供にはパパが必要なのではないか?」、私がフルタイムで仕事をするようになったら「おかえりなさい」って言ってあげられなくなってしまう、などの思いから、どうすれば良いのか日々悩みながら、出口のない暗いトンネルの中にいるような気持ちで過ごしていました。
結局息子が3歳の時に 離婚をすることになり働かなくてはならない状況になってしまいました。
私の考えていた子育てとは違う方向になって行ってしまったのですが、それは私にとっても子供にとっても大変辛い経験でした。
約10年前のことです。

☑ 私の最大の失敗

離婚で失敗幼稚園に入ったばかりの8月に離婚をしたということが、子供に辛い思いをさせてしまった最大の失敗です。

というのは、離婚を考え幼稚園選びをしていなかったので、延長保育もないところに通っており、仕事をする為には保育園に移る必要が出てきてしまったのです。
しかし、やっと幼稚園の環境に慣れたのに、また新しい環境に移らなければならないことを子供は受け入れられずにいました。

また、とにかく私から離れられず、私の実家ですら預けることもできなかった子供だったため、保育園にいる時間の長さも受け入れられず「ママと長い時間バイバイをするのはイヤ!!」と泣きながら私に訴えてきたのです。
とはいえ、私が仕事をしないことには生活をして行くことができないので、なんとか保育園に行かせたいと思った私は、その中でも子供に合いそうな保育園に子供を連れ何回も見学に行きました。

そんなことをしているうちに、息子に変化が起こり始めのです。 まず、夜中に泣き出したり、うなされたりするようになったのです。
また、まっ黒の絵を描くようになってしまいました。 この様子をみて、私が子供の為に離婚をしない方が良いのでは?と悩んでいたわりに、 結局、辛いを思いをさせてしまったと大きく反省と後悔をしました。

離婚はさけられなかったとしても、せめて時期だけでも最大限考えてあげるべきでした。
結果、私は延長保育がない幼稚園にそのまま行かせることにしました。

子供は、そのあと、少しずつ私と二人の生活にもなれ本来の我が子らしさを取り戻しました。
今思うと我が家では、ここで無理をしても幼稚園に通わせたことが、親子関係にとっては良かったのかもしれないと感じています。

☑ 小さい子供がいると就職は大変

しかし、延長保育のない幼稚園に通わせながら仕事をするとなるとまずその条件で雇用してくれるところを探すのも大変です。

この時、仕事を探してから離婚をすれば良かったとまたまた後悔をすることになりました。
結果、友人の紹介で仕事に就くことができたのですが、「仕事が決まらなかったらどうしよう」という不安は決まるまでありました。

小さい子供がいる女性の就職の条件は、子供が生まれる前と同じようには行かないのが現実です。
私も収入は劇的に減りました。しかも正社員で雇用されることも今は難しいといえると思います。
また、女性が一人で子育てと仕事を両立させるのも本当に大変で、実は、私は一度体を壊し仕事を辞めざるを得ないこともありました。

そして、このような経験からまずは、離婚で悩んでいる人のお役に立ちたいと思い、アレグラーレを立ち上げました。

☑ 今の私が思うこと

夫婦問題専門カウンセラーに13年以上前になり、今まで400件以上の夫婦問題を解決してきました。

その中で、養育費の不払い、面会交流のあり方、そして、シングルマザーの貧困問題など、いろいろなことを耳にしました。

その話を耳にする度に、これでは、離婚をした夫婦も、そして、子供も、幸せになれていないのでは?と思うようになりました。

離婚を希望されている方には、私自身が、もめないで離婚をしていることで、離婚のサポートをさせていただく時に、その経験を生かした円満離婚をする為のアドバイスをさせていただいております。

円満に離婚をすることで、離婚後お互いを憎んだり、恨んだりすることなく、卒業をすることができます。

そのことで、養育費の不払い、面会交流の問題を、解決できると思うようになり、子供にとっても良い環境を整えることができると思っています。

アメリカの映画で、子供を車に乗せて、離婚をしたパートナーのところに連れて行くシーンを観たことがある人も多いと思います。

その時に、離婚をした夫婦は、普通に会話をし憎み合っている感じがしないですよね。

私は、そんな離婚をした家族の関係を一人でも多くの方になっていただきたいと思っています。

しあわせ離婚メルマガ配信

実際にカウンセリングをしてきた夫婦問題に悩む男女の事例や、私自身の本当は人には言いたくない様な離婚当時の話を赤裸々に語っています。

こちらから、登録ください。

しあわせ離婚メルマガ

 

ブログ一覧

http://allegrare.net/category/rikon-tisiki/


上へ