離婚してほしいと言われた方


何よりも、あなたの気持ちの整理が必要です


突然、離婚の話をされ、「この後どうなるんだろう?」「離婚をしていいの?」などなど、いろいろなことが頭を駆け巡っているのではないでしょうか。
まずは、あなたの心と頭の整理が必要です。 もし浮気が原因なら、お相手にそのことを伝える前に、しなくてはならないことがあります。
「離婚をする」「離婚をしない」どちらを選択したとしても、話し合いをする前に知ることで、その後の混乱を避けることが可能になります。
直ぐにお話をお聴かせてください。

 

どのようにサポートをしてくれるのですか?

まずは、今、どうしての良いのか迷っている、あなたの気持ちの整理をさせていただきます。
それと同時に、離婚をするのか、しないのかを一緒に考えさせていただきます。
一人で考えていると、どうしても悪い方ばかりに考えが至ってしまいます。
私にお話いただくことで、あなたが前向きな気持ちで考えられるようお手伝いをさせていただきます。
また、離婚を選択された時には、円満に話し合いを進める為のサポートをさせていただきます。

 

飯野馨巳が円満離婚コンサルティング「アレグラーレ」を立ち上げた想い

私は、子供がうちに帰ってきたときに「おかえりなさい」と言ってあげられる子育てをしたくて出産をきっかけに退職をしました。
しかし、子供を産んでしばらくした頃から離婚を考えさせられるような出来事が起こり始めました。

しかし、「子供にはパパが必要なのではないか?」、私がフルタイムで仕事をするようになったら「おかえりなさい」って言ってあげられなくなってしまう、などの思いから、どうすれば良いのか日々悩みながら、出口のない暗いトンネルの中にいるような気持ちで過ごしていました。
結局息子が3歳の時に 離婚をすることになり働かなくてはならない状況になってしまいました。
私の考えていた子育てとは違う方向になって行ってしまったのですが、それは私にとっても子供にとっても大変辛い経験でした。
約10年前のことです。

☑ 私の最大の失敗

離婚で失敗幼稚園に入ったばかりの8月に離婚をしたということが、子供に辛い思いをさせてしまった最大の失敗です。

というのは、離婚を考え幼稚園選びをしていなかったので、延長保育もないところに通っており、仕事をする為には保育園に移る必要が出てきてしまったのです。
しかし、やっと幼稚園の環境に慣れたのに、また新しい環境に移らなければならないことを子供は受け入れられずにいました。

また、とにかく私から離れられず、私の実家ですら預けることもできなかった子供だったため、保育園にいる時間の長さも受け入れられず「ママと長い時間バイバイをするのはイヤ!!」と泣きながら私に訴えてきたのです。
とはいえ、私が仕事をしないことには生活をして行くことができないので、なんとか保育園に行かせたいと思った私は、その中でも子供に合いそうな保育園に子供を連れ何回も見学に行きました。

そんなことをしているうちに、息子に変化が起こり始めのです。 まず、夜中に泣き出したり、うなされたりするようになったのです。
また、まっ黒の絵を描くようになってしまいました。 この様子をみて、私が子供の為に離婚をしない方が良いのでは?と悩んでいたわりに、 結局、辛いを思いをさせてしまったと大きく反省と後悔をしました。

離婚はさけられなかったとしても、せめて時期だけでも最大限考えてあげるべきでした。
結果、私は延長保育がない幼稚園にそのまま行かせることにしました。

子供は、そのあと、少しずつ私と二人の生活にもなれ本来の我が子らしさを取り戻しました。
今思うと我が家では、ここで無理をしても幼稚園に通わせたことが、親子関係にとっては良かったのかもしれないと感じています。

☑ 小さい子供がいると就職は大変

しかし、延長保育のない幼稚園に通わせながら仕事をするとなるとまずその条件で雇用してくれるところを探すのも大変です。

この時、仕事を探してから離婚をすれば良かったとまたまた後悔をすることになりました。
結果、友人の紹介で仕事に就くことができたのですが、「仕事が決まらなかったらどうしよう」という不安は決まるまでありました。

小さい子供がいる女性の就職の条件は、子供が生まれる前と同じようには行かないのが現実です。
私も収入は劇的に減りました。しかも正社員で雇用されることも今は難しいといえると思います。
また、女性が一人で子育てと仕事を両立させるのも本当に大変で、実は、私は一度体を壊し仕事を辞めざるを得ないこともありました。

そして、このような経験からまずは、離婚で悩んでいる人のお役に立ちたいと思い、アレグラーレを立ち上げました。

☑ 今の私が思うこと

夫婦問題専門カウンセラーに13年以上前になり、今まで400件以上の夫婦問題を解決してきました。

その中で、養育費の不払い、面会交流のあり方、そして、シングルマザーの貧困問題など、いろいろなことを耳にしました。

その話を耳にする度に、これでは、離婚をした夫婦も、そして、子供も、幸せになれていないのでは?と思うようになりました。

離婚を希望されている方には、私自身が、もめないで離婚をしていることで、離婚のサポートをさせていただく時に、その経験を生かした円満離婚をする為のアドバイスをさせていただいております。

円満に離婚をすることで、離婚後お互いを憎んだり、恨んだりすることなく、卒業をすることができます。

そのことで、養育費の不払い、面会交流の問題を、解決できると思うようになり、子供にとっても良い環境を整えることができると思っています。

アメリカの映画で、子供を車に乗せて、離婚をしたパートナーのところに連れて行くシーンを観たことがある人も多いと思います。

その時に、離婚をした夫婦は、普通に会話をし憎み合っている感じがしないですよね。

私は、そんな離婚をした家族の関係を一人でも多くの方になっていただきたいと思っています。

 

子連れ離婚は飯野馨巳の「円満離婚」で!

離婚後、夫婦、子供にとって良い環境を整えることを可能にします。 離婚の話し合いでもめると、実は、一番の被害者は子供になってしまいます。 そうならない為にも、円満に話し合いを進めていくことが大切です。 結果的に、離婚しないことになる場合もあります。

しあわせ離婚メルマガ配信

あなたが幸せになるために、
いちばん良い選択を出来る知識を身につけませんか?

メルマガは、2部構成でお届けします。
前半 コラム
後半 実際にあった話し

詳細&ご登録はこちらから

しあわせ離婚メルマガ

 


上へ