アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 今井佑歌(研修中) > あなたに一番大切にして欲しいこと

あなたに一番大切にして欲しいこと

こんにちは。ゆかです。

結婚して家庭を築くと
自分の家族を大切にしようと
誰もが思うはずです。

特に、
子供には幸せでいて欲しい、
幸せにしたい、
その思いが強いのではないでしょうか。

それはとても素敵なこと。

でもその前に
大切にしなければいけないことが
あなたにはあります。

【大切にすることの私の間違い】

私と元夫は
食べ物の好みも
音楽や趣味、感覚的センスも
驚くほど合いませんでした。

人の好みはそれぞれ、
元夫が好きなものを理解できなくても
否定することはしませんでした。

食事もなるべく
元夫の好みに添えるよう、
工夫する努力をしました。

元夫はパチンコが好きで、
毎週末遊びに出掛けていました。
家の状況はお構いなしに
自分が行きたければ行く、
そういう人でした。

毎日仕事でストレスもたまるだろうから
息抜きにパチンコくらい行かせてあげよう、
そう思って、私は文句を言いませんでした。

私は好きなバンドの
ライブに行くことが大好きでした。
独身時代はあちこち遠征していましたが
結婚して子供が出来てからは
県内のライブだけに止めました。
1年に1回、
たったそれだけの唯一の私の楽しみを
ライブに興味のない元夫は
「は? チケット幾らするの?
俺たちの飯はどうするの?
何時に帰ってくるの?
子供はどうするの?」
と、嫌な顔をして文句を言いました。

『そうか……
私は専業主婦で、母親になったのだから
自分の好きなことをすることは
ダメなことなんだ』
という意味不明な罪悪感が育っていきました。

大切な家族のために
自分は我慢することが
正しいことで当たり前なのだ
という間違いの思考が
私の中で出来上がりました。
(これは私の育ってきた環境も影響しています)

【優劣をつけられた関係】

元夫は自分の好みを
私や子供に押し付けることが常でした。
〝俺の好きなものはお前たちも好き
俺の嫌いなものはお前たちも嫌い〟
勝手にそう決められていました。

理解してくれなくてもいいから
認めてほしかった。
私や子供の好みや趣味を
バカにしたり否定せず、
〝個〟
を認めてほしい、
ずっとそう思ってきました。

けれど、
・働いて稼いできてる俺は偉い
・専業主婦で稼いでないお前は偉くない
・俺に尽くして当たり前
・子供は俺の言うとおりにするものだ
・俺がこの家で一番偉い
という元夫の価値観で
家の雰囲気が出来上がっていました。

【我慢が当たり前になることの不幸】

そんな環境での生活が続き、
私は気付かぬうちに
自分の感情や行動に
勝手に制限をかけてきました。

元夫の顔色を窺って、
聞きたくない言葉を聞かずに済むように
自分らしさというものを
出すことに蓋をしていました。
そのことで、心と身体を
壊してしまいました。

子供たちもそうでした。
興味の湧いたことを口にすると
元夫の価値観で頭から否定されて
ワクワクや可能性を
踏み潰されてしまうような状態でした。

なので子供たちは
自然とそういうことを
元夫が居る時には口にしなくなりました。
認められないストレスで
体調不良を起こすことが多くなりました。

大切にしなければいけないことを
私が間違ってしまったために、
私が思い描く望んだ幸せを
手にすることはできませんでした。

【自分を犠牲にしてはいけない】

人は皆、平等です。
好きなものも自由です。
それを他者が否定する権利はありません。
そしてそれを否定されたことで
自分らしさに蓋をする必要もありません。

誰かを愛し大切にしたいのなら、
まず自分自身を愛することが大事です。
自分を愛し大切にできることで、
本当の意味で他者を大切にできます。

自分を大切にすることは
自分を認めること、
自分を押し殺さずにいることです。

周りと合わせるということは必要ですが、
自分らしさに蓋をすることとは違います。

私は離婚して、
家の中で自分に蓋をすることなく
居られるようになったことで、
〝私〟
を生きているという幸せを感じ、
心に余裕ができました。

自分が健全で居ることで
周りの人たちに愛と幸せを与えることができます。
そして
周りも同じように自分を愛する生き方ができます。

だからまずは自分、
自分を一番大切にして欲しいのです。
そのことに躊躇わないでください。

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日

▲ TOP