アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 喜多原あき > 「性格の不一致」で離婚するには

「性格の不一致」で離婚するには

こんにちは、あきです。

最近の
離婚原因TOP3
ご存知ですか?

ある調査によると

第1位:性格が合わない(56%)
第2位:異性関係(17%)
第3位:DV・モラハラ(16%)

ダントツで
性格の不一致が
堂々一位です。

しかし残念ながら
性格の不一致は
正式な離婚事由には
なり得ないのです。

「正式な離婚事由」とは何か。
今日はこの点について
お話ししたいと思います。

ー 離婚の方法

離婚する方法は
 協議離婚
 調停離婚
 裁判離婚

があります。

協議離婚
夫婦間で
話し合って
離婚条件が合意したら
離婚届を役所に提出して
離婚成立です。

この方式は、
離婚届以外の手続きは
不要のため、
このあと説明する
調停離婚や
裁判離婚よりも
比較的早く
離婚することができます。

日本では
9割弱が
協議離婚だそうです。

協議離婚で
話がまとまらない場合
調停離婚となります。

調停離婚
家庭裁判所に離婚調停を申立てて
話し合いを行います。

調停委員に
お互いの言い分を伝え
双方の事情を踏まえて
合意を目指すことになります。

日本では
1割弱が
協議離婚だそうです。

ただし、
ここでも
夫婦で離婚の合意が得られなければ
離婚は成立しません。

この場合は
一定の要件を満たすと
裁判によって
離婚請求することができます。

これが裁判離婚です。

ちなみに日本では
裁判離婚は1%程度と
極めて稀なようです。

裁判離婚するには
期間も費用もかかります。

そして
裁判離婚の場合
法定の離婚事由が必要になりますが
この離婚事由の中に
「性格の不一致」
は含まれません。

なので
性格の不一致で
離婚したいけど
調停まで行っても
お相手が合意しない場合
裁判には進めないので
そこで
離婚不成立
となります。

ー 性格の不一致で離婚するには

そうは言っても
我慢して生活を続けるのは
とても辛いです。

もちろん
この「性格の不一致」を
夫婦で乗り越えて
修復していく
という手もあります。

しかし
「どうしてもそれは無理」
という場合
お相手の合意を得るために
話し合いをしていく
必要があります。

また、
一方的に家を出て
一旦今の辛い状況から
逃れる手もあります。

しかし
一旦家を出てしまうと
お相手と
話し合いをする機会が減り
離婚まで
時間がかかってしまう可能性が
高いです。

もちろん
弁護士などの
代理人を立てて話を進める
という手もあります。

しかし
もしお相手が
離婚自体に強く反対している場合
代理人が話をしに行っても
お相手が拒否すれば
交渉決裂です。

こうなると
こう着状態に入り
離婚まで
とても時間がかかります。

なので、
「性格の不一致」で離婚したい場合
お相手も離婚に合意していれば
良いのですが
そうでない場合は
慎重に進める必要があります。

なぜなら
下手に進めてしまうと
お相手が意地になってしまい、
財産分与や
養育費、面会交流などの
離婚条件が
思う通りにならず
離婚はできたとしても
離婚後
「こんなはずでは」と
後悔してしまう羽目になります。

では
どう進めたら良いのか。

これについては
事前の情報収集や
お相手とのお話し合いの仕方など
押さえておくべき
ポイントがあります。

もしあなたが今
性格の不一致が原因で
離婚を考えていて、
でもどう進めて良いかわからない、
そんな悩みを抱えてしまったら
ぜひリボーンコンシェルジュにご相談ください。

あなたのお話をお聞かせいただき
お気持ちに寄り添い、
お相手と
円滑なコミュニケーションをとる方法を
アドバイスさせていただきます。

こちらをクリックし【相談する】ボタンからお申し込みできます。
↓ ↓ ↓
喜多原あきに相談する

あなたのお話をお聞かせいただき
お気持ちに寄り添い、
幸せな未来を掴むためにどうしたら良いか
アドバイスさせていただきます。

そして幸せな未来を掴むまで
伴走します。

▼あわせて読みたいおすすめ記事
 お相手としっくりしない、と思ったら、、
 ▷ 違和感は放置しない
 ▷ 価値観の溝

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP