アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 喜多原あき > 「性格の不一致」を克服する、ただ一つの方法

「性格の不一致」を克服する、ただ一つの方法

こんにちは、あきです。

少し前に
離婚原因の第1位である
「性格の不一致」
について
「性格の不一致は離婚事由になるか」
と言うテーマで書きました。

その時の記事はこちら → 「性格の不一致」で離婚するには

今日は
「性格の不一致は克服できるのか」
について書いていきます。

ー 性格の不一致とは

性格の不一致と言っても
内容はさまざまです。

趣味が合わない
お金の価値観が違う
人生観が違う
などなど。

そんな大仰なことでなくても
例えば
バスタオルを洗うのは
毎日か、3日に1回か。

リビングで
ずっとテレビをつけているか
見るときだけつけるか。

些細なことですが
日々一緒に生活をする上では
気になります。

でもそれは
生まれ育った環境が
違うのですから
一致しない部分があるのは
は当たり前。

私の友人では
こんな人もいました。

結婚したお相手は
靴下を洗った後
同じ靴下をペアにせず
バラバラに収納。
履くときも
適当に取り出して履く。
なので常に、
本来ペアであるべき
組み合わせではない状態で
履いていたそうです。

それでもお相手は気にしない。

そして、
使ったものは
出しっぱなし。
邪魔な時は
適当なところに
ぽいっと置く。

なので
ものを探すのが
大変だったそうです。

彼女はそれが嫌で
お相手に
「ものには定位置がある」
と言うことを
伝えたそうですが
お相手は
ぴんとこず、、。

実は
お相手のご実家も
同じ状態でものが散乱しており
彼女は
「これは治らない」
と確信したそうです。

結果的に
その二人は
結婚後5年で
離婚しました。

もちろん
それだけが
原因ではなかったと思います。

ただそれも、
一緒に生活していく上で
譲れないところの
一つではあった。
そう思います。

ー 性格は一致させられない

私は
性格は変えられない
と思います。

その人が
これまで育った環境で培ってきた価値観は
そう簡単には
変えられない。

なので
性格が不一致な部分を
一致させるのは
まず無理です。

ではどうしたら良いのか。

その方法はただ一つ。

「相手の性格を受容すること」
です。

自分の性格を
変える必要はありません。
ただ相手の性格を
受容するのです。

片付けが苦手な松本伊代さんと
マメなヒロミさんの話は有名ですが
あれも
ヒロミさんが
伊予さんの片付け下手を
受容しているからこそです。

そして伊予さんも
ヒロミさんから
文句は言われるけど
ヒロミさんのマメさを
受容している。

つまり、
両者が受容しないと
成り立ちません。

私の離婚原因も
性格の不一致でした。

私も相手も
お互いの性格を
受容することができず
最終的に
離婚に至りました。

離婚は
性格の不一致そのものが原因ではなく
性格の不一致を受容できないことが原因
だと
今はよくわかります。

もちろん
離婚した今、
とても幸せなので
離婚したことは
後悔していません。

ただ、
そこまでこじれる前に
「受容」することを試していたら
他の選択肢もあったかもしれない
とは思います。

なので
性格の不一致で離婚を考えてる人は
まずはお相手と
しっかりお話し合いをして
お互いに
受容できるポイントを
探ってみてください。

そうは言ってもどう話して良いか分からない、
話してみたけどうまく行かない、
そんな時は
ぜひリボーンコンシェルジュにご相談ください。

あなたのお話をお聞かせいただき
お気持ちに寄り添い、
幸せな未来を掴むためにどうしたら良いか
アドバイスさせていただきます。

そして幸せな未来を掴むまで
伴走します。

こちらを↓クリックし【相談する】ボタンからお申し込みください。
喜多原あきに相談する

▼あわせて読みたいおすすめ記事
 お相手としっくりしない、と思ったら、、
 ▷ 違和感は放置しない
 ▷ 価値観の溝

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP