アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 喜多原あき > 離婚か修復か決断するための方法

離婚か修復か決断するための方法

こんにちは、あきです。

離婚したい、、

そう思うこともあるけど
決定打がない。
我慢すれば
結婚生活は続けられそう。

そう思って離婚に踏み切れないまま
もやもやした日々を
過ごしてませんか?

でも
日々もやもやしていると
精神的にも
良い影響を与えません。

なので今日は
そんなもやもやを抱えている方に
私自身が
離婚を決意した時の経験を踏まえ
気持ちの整理をつけるための方法を
お伝えしたいと思います。

ー 私もずっと悩んでいた

私は離婚をする前の数年間
ずっと
「離婚したいなぁ」
と漠然と思ってました。

その頃
夫婦の会話はほぼなく
たまに言われるのは
「これ、どうして片付けてないの?」
など家事に対する不満。

会話もないけど
たまに文句言われるくらいなら
我慢しても良いのでは?

そうも思い
もやもやした気持ちを抱えながら
日々過ごしていました。

しかしある日
子供の教育方針で
大げんかをし
ついに私は
「このままの状態では
 ずっと一緒には暮らせない」
そう思いたち、
友人から紹介された
リボーンコンシェルジュの
飯野さんに
相談に行きました。

飯野さんに
これまでの経緯など
ひとしきり話をして
最後に
「でも実は
 今でも離婚するべきなのかどうか
 悩んでいるんです」
と伝えました。

飯野さんは
「今の状態を続けることは
 あきさんにとっても
 お子さんにとってもよくない」
とおっしゃり
今の状況から脱するためには
「離婚か修復」
と選択肢を示しました。

そして
決めかねていた私に
「まずは
 お相手の話を
 とことん聞いてください」
とアドバイスしてくれました。

相手の話に
反論せず、口も挟まず
とにかく傾聴するようにと。

確かに
これまでは
私は夫に何か言われると
必ず言い返し、
最後まで
夫の言いたいことを
聴き切ったことはなかった。

なので
まずは夫の言い分を
とことん聞いてみて
その上で
離婚か修復かを判断しよう。
そう思いました。

もし夫に
少しでも私に対して
一緒に暮らしていこうという
気持ちがあれば
修復できるかもしれない。

そう思い
夫の話を
聞くことにしました。

ー そして話を聞いた結果、、

飯野さんのアドバイスに従い
「前に、
 私に言いたいことがたくさんある
 って言ってたよね。
 ちゃんと聞くから
 話してみて」
と夫に告げました

夫は
「わかった」
と言い
「何から言おうかな、、」
と最初こそ少し言い淀みましたが
その後出てきた言葉は
全て私に対する否定でした。

「人としてあり得ない」
「泥棒以下」
「人の言うことを受け入れない」
「成長がない」

こんな、
人格否定に近い内容のことを
過去の出来事も持ち出しつつ
延々1時間
聞かされました。

私は
飯野さんのアドバイスに従い
「そうなんだ」
「そう思ってるんだね」
と相槌をうちつつ
一切反論せずに
聞ききりました。

正直、
内心は相当怒り心頭でしたが、
グッと堪え、
仏のような笑みを浮かべ
最後は
「話聞かせてくれてありがとう。
 今日聞いたこと元に
 よく考えてみるね」
と穏やかに
会話を終えました。

でも
会話を終えた瞬間
私の気持ちは
「離婚」
を決めてました。

この後
飯野さんに
再度相談に行った時
「感謝の言葉とか
 一切なく
 ずっと否定だったんですね。」
と珍しそうに言われたので
ここまで言われるのは
稀なのかもしれません。

こうして私は
離婚に踏み切ることができました。

ちなみに、
私の場合は出した結論は「離婚」でしたが
同様にお相手と向き合って話をした結果
修復すると決められた方もいらっしゃいます。

それまで
きちんとお話しされてこなかったのですが
向き合って話した結果
「お互いに歩み寄っていこう」
そんな気持ちになったそうです。

ー まずは相手の話を聞いてみよう

離婚するかどうか
もやもや悩んでる方は
まずはとことん
お相手の言い分を
聞いてみてください。

私のように
完膚なきまでに打ちのめされて
離婚を決意するかもしれませんし
逆に
それまで気づかなかった
お相手のあなたへの想いが分かって
修復していこうと言う気持ちが
芽生えるかもしれません。

いずれ、
もやもやを抱えているのであれば
その状況は確実によくない状態です。
もやもやに蹴りをつけるために
まずはお相手の話を
とことん聞いてみてください。

そして
そもそも会話のきっかけが掴めない、
そうしてみたけど結局よく分からなかった
などあれば
ぜひリボーンコンシェルジュにご相談ください。

あなたのお話をお聞かせいただき
お気持ちに寄り添い、
お相手と
円滑なコミュニケーションをとる方法を
アドバイスさせていただきます。

こちらをクリックし【相談する】ボタンからお申し込みできます。
↓ ↓ ↓
喜多原あきに相談する

あなたのお話をお聞かせいただき
お気持ちに寄り添い、
幸せな未来を掴むためにどうしたら良いか
アドバイスさせていただきます。

そして幸せな未来を掴むまで
伴走します。

▼あわせて読みたいおすすめ記事
 お相手としっくりしない、と思ったら、、
 ▷ 違和感は放置しない
 ▷ 価値観の溝

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP