アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 喜多原あき > 離婚はよくないことなのか?

離婚はよくないことなのか?

こんにちは、あきです。

みなさんは
離婚に対して
どんなイメージを持ってますか。

私は
自分から望んで離婚した
ということもありますが
離婚に対しては
超ポジティブな
イメージです。

離婚って
辛い結婚生活から
解き放たれて
ハッピー!!

そう思ってます。

でも先日
ある出来事があって
世間的には
まだまだネガティブなイメージなんだなと
改めて思いました。

ー 友人からの一言

先日、
大学時代の友人から
久々に連絡が来ました。

実は偶然
ご近所に住んでいて
前はたまにあってましたが
ここ最近は
すっかりご無沙汰。

感覚的には
2、3年ぶりな感じでしたが
よくよく話したら
最後に話してから
もう6年近くも経ってました。

前に話した時には
高校生だった息子さんは
もう大学生。

子供の話や
最近コロナで
大変だよね、
など
ひとしきり話したのち
彼女から
「テレワークだと
 旦那さんもいて
 家事と両方で大変じゃない?」
と。

いつ離婚したことを
話そうかと考えていたので
渡りに船で
「実は1年ちょっと
 前に離婚したんだ」
と伝えました。

すると彼女からの
一声が
「え、、それはごめん。」
と。

私は
「ごめん」
と返されたのが
意外でした。

どうして「ごめん」だったのか
結局聞けませんでしたが
あの「ごめん」は
「離婚のこと言わせてごめん」
なのか
「離婚のこと聞いちゃってごめん」
なのか、、、。

いずれにしても
離婚にネガティブな
イメージを持っていて
それを話題したことについて
「ごめん」って
出てしまったのかなと。

世間的には
離婚というのは
まだまだネガティブな
ことなんだなと
改めて実感しました。

ー 離婚はどうしてネガティブなのか

今回の出来事で
改めて
「どうして離婚は
 ネガティブイメージなんだろう」
と考えました。

離婚をネガティブに
捉える人は
どうやら
「離婚=失敗 or 挫折」
と言うイメージがあるようです。

「離婚するのはその人の
 我慢や努力が足りないから」
「そもそも結婚の時に相手を
 見極められてないのが悪い」
などなど。

確かに
そうかもしれません。

でも
そもそも結婚生活って
我慢や努力を
続けなくてはいけない
ものなのでしょうか。

結婚の時に
相手を見極められなかったら
一生我慢しないと

いけないのでしょうか。


例えば就職。

一昔前は
新卒で入った会社で
定年まで働くことが
スタンダードでした。

でも今は
自分に合わないと思ったら
他に自分に合う仕事を探して
転職することが
メジャーになってます。

我慢して
意に沿わない仕事を
続けるより
自分に合った仕事で
ストレスなく働ける方が
その人にとっては
幸せです。

そう思うと
結婚生活も
同じではないかと
思います。

もちろん、
子供のことや
経済的なことなどは
しっかり考慮する必要は
あります。

また、
我慢しなくて済むように
するための道としては
「離婚」一択でなく
「お相手と関係を修復する」
と言う選択肢もあります。

そのようなことを
しっかり考えた上で
最終的に
離婚を選択するのであれば
それは決して
恥ずかしいことではないと
私は思います。

もしあなたが
世間の目を気にして
離婚に踏み切れないのであれば
「今の状況を一生続けられるか」
を考えてみてください。

あなたの人生は
あなた次第です。

あなたが幸せになるためには
何がベストかを念頭に置いて
しっかり考えてみてください。

ーー

ここまで読んでくださり
ありがとうございました。

読んでいただいて
「自分も離婚して
 幸せな人生を歩みたい!」
そう思った方はぜひ
リボーンコンシェルジュに
ご相談ください。

こちらをクリックし【相談する】ボタンからお申し込みできます。
↓ ↓ ↓
喜多原あきに相談する 

あなたのお話をお聞かせいただき
お気持ちに寄り添い、
幸せな未来を掴むためにどうしたら良いか
アドバイスさせていただきます。

▼あわせて読みたいおすすめ記事
今の結婚生活が辛い人のために、、
 ▷ 離婚か修復か決断するための方法
 ▷ 離婚?修復?それとも現状維持? 

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP