アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 今井佑歌(研修中) > 幸せな離婚、ここにあります

幸せな離婚、ここにあります

こんにちは。ゆかです。

「母子家庭」「一人親家庭」
と聞いて、
あなたはどんなイメージが湧くでしょうか。

ネガティブなイメージが強くて
離婚に踏み出せない
そんな方も多いかもしれません。

私が実際、
元夫と離婚の話を進める最中に出た
母子家庭についての話と、
円満離婚に出会って実現した
離婚の形について記します。

不安と悩みを抱えている方の
ヒントになりますように。

【母子家庭は貧乏で不幸だ!】

元夫に言われました。
「新聞にも母子家庭の貧困率が書いてある。
お前もそうなるぞ。
子供に一人部屋も与えてやれず
学校(進学)も行けなくなって
貧乏で絶対不幸になるぞ」

私と子供が絶対に貧乏で不幸になる
と元夫は決めつけていました。

元夫の価値観としては
いい家に住んで
ちゃんとした学校に行って
お金に余裕がある、
これが幸せだ、
と。

だからそれを叶えられない母子家庭
=私が離婚して子供を連れていくこと
は不幸に決まっている、
というわけです。

【不幸とは何か】

元夫が言う幸せの条件を
私は否定するつもりはありません。

ただ、
母子家庭=不幸
と決めつけることには
全く同意できません。

不幸とは何か。

女性が子供を連れて
離婚するとなると
頭に浮かぶことは確かに
経済的不安が多いです。
私もそれが理由で
10年前は決断できませんでした。

けれど、
心がこんなに病んでしまって、
それでもこの婚姻生活が
幸せと言えるんだろうか。

私は死に物狂いで働くことになっても
子供を連れて夫から逃れたい、
最終的にはそういう思いになるまで
追い詰められました。

【円満離婚という救世主】

私が本気で離婚を決意した時、
円満離婚に出会いました。

・揉めない離婚
・子供の笑顔を守る離婚
・お客様が幸せになるお手伝い
まさに理想的だなと思いました。

離婚できても、元夫が言うように
貧乏で不幸になっては意味がありません。
「ほらみろ」
そう思われるのは絶対に嫌です。

私は円満離婚の方法で
元夫と話し合いをしました。
・一緒に子供を守っていく
・子供の権利として養育費をきちんと貰う
挫折しかかったこともあるけれど、
諦めずに伝えました。

そして私は離婚したら
絶対もっともっと幸せになる!
と自分で決めていました。
そのためにも、
円満離婚をやり切る、と
リボーンコンシェルジュに相談しながら
自分の気持ちを奮い立たせていました。

離婚してまだ2ヶ月弱ですが
養育費をきちんと貰い、
子供は自由に父親に会いに行ける、
そういう離婚を実現できました。

元夫が言う、
〝貧乏で不幸な母子家庭〟
だとは思っていません。

けれど、正直
円満離婚に出会っていなかったら
こういう離婚の形に着地することは
私はできなかったと思っています。

離婚したいと思った時、
様々な問題や不安が出てきます。
それを理由に諦めてしまう前に、
リボーンコンシェルジュに是非ご相談ください。

世間のイメージとは違う
離婚の形がそこにはあります。

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
受付時間
<平日・土曜>10時〜19時
定休日
日・祝日

▲ TOP