アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 喜多原あき > 結婚相手の実家、居心地良いですか?

結婚相手の実家、居心地良いですか?

こんにちは、あきです。

あなたにとって
お相手のご実家は
居心地が良いですか?

居心地が良いのなら
それは
すごく良いことです。

もし居心地が悪いのなら
この記事を読んでみてください。

あなたの居心地の悪い原因。
それはもしかして
「性格の不一致」の原因なのかもしれません。

■元夫の実家の居心地

私は
元夫の実家に帰省することが
苦手でした。

元夫の実家は遠方にあり、
行くだけでほぼ1日かかる場所でした。

そう言う事情もあり、
私が最初に元夫の実家に行ったのは
結婚を決めて
挨拶をしに行った時でした。

義父母は
私をとても歓迎してくレました。

とても良い人たちだと言うことは
会った瞬間にわかりました。

だから本当は
居心地が悪いはずないのに
最初からなんとなく
居心地がよくありませんでした。

最初は居心地が悪いのは
慣れない場所で
緊張してるから、
と思ってました。

でも何度訪れても
いつも居心地が悪く
慣れることはありませんでした。

遠方なだけに、
日帰りというわけには行かず
帰省するときは
最低でも3泊4日コース。

それが毎回とても苦痛で
帰省は年に1回か多くても2回程度なのに
それさえも嫌で
なるべく帰らなくて済む理由を
いつも探してました。

■居心地の悪さの原因

どうしてこんなに
居心地が悪いんだろう。

そして気づきました。

家の中での
夫婦の役割が
私の育った環境と
あまりに違いすぎたのです。

私の実家は
共働きで
家事は両親で常に分担してました。

今でも実家に帰ると
父が台所に立って
手料理を振る舞います。

元夫の実家は
お父さんは外で働いて
お母さんは家のことをしっかり守る
専業主婦家庭。

お義母さんは
常に家の中で立ち働いており、
お義父さんは
居間でゆったり座ってテレビを見ている。
そんな環境でした。

私が元夫の実家に帰ると
私は台所の手伝いをする。
滞在中の洗濯もする。
その間、元夫は居間でのんびりしている。

普段の生活では
元夫と家事を分担していたのですが
元夫の実家に帰った時は
家事をするのは私だけ。

この状態に
もやっとしてたのです。

そして
この状態が
居心地の悪い原因だったのです。

私は自分の育った環境に倣って
夫に家事分担を望みました。

元夫も
特に不満を言うこともなく
お願いしたことは
黙々とやってくれました。

ただ、
今思えば、
この環境で育った元夫にとって
私たち夫婦の役割分担は
不満だったのかもしれません。

■性格の不一致は修復できるか?

今や離婚の一番の理由である「性格の不一致」。
これは価値観の違いです。

そして価値観の違いは
育った環境の違いでもあります。

あなたがもしこれから結婚するのであれば
お相手のご実家のご両親の関係性を
よく見てください。

それがあなたの育った環境に
似ているか、似てないか。

全く異なっている場合、
あなたとお相手の性格の不一致を
修復するのは
かなり難しいかもしれません。

もしあなたが
「この状況をなんとかしたいけど
 どうして良いかわからない」
そんな時はリボーンコンシェルジュに
ご相談ください。

リボーンコンシェルジュは
あなたの気持ちに寄り添い
不安を解消しながら
前に進んでいくお手伝いをします。

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP