アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 喜多原あき > 離婚は「あきらめたら試合終了」です

離婚は「あきらめたら試合終了」です

こんにちは、あきです。

「離婚は結婚の100倍大変」
こんなことを聞いたことありますか?

これ、本当です。

私の離婚のケースでは、
離婚の同意を取るまでと
離婚の同意を得た後に条件を決めるまでと
2段階で本当に大変でした。

何度も挫けそうになりましたが

「諦めたら試合終了」

そう自分に言い聞かせて
必死に進めました。

今回は
私の離婚に至るまでの道のりについて
書いてみようと思います。

離婚をしようと思ってるけど、
色々なハードルがあり挫けそうになっている。
そんな人の参考になると幸いです。

ー 離婚の同意を得るまで

最初夫に離婚したいと伝えた時
「こちらも離婚したいと思っている。
 ただし子供が大学生になってから」
と言われました。

今思えば、
この時夫は
離婚を真剣に考えてはいなかったのでしょう。

単に問題を先延ばしにしていただけ、
そう思います。

そして、
子供が大学生になるまでには
まだ数年あり、
私にとってはそれは受け入れられないものでした。

その後、何度か話し合いをしましたが
話は平行線で
私は一度
話し合いを諦めてしまいました。

しかし諦めてみたものの
もちろんその状態では何も話が進まず
アプローチ方法を変えて
再度行動再開しました。

そして
右往左往しながら
ようやく離婚の同意を得ることができたのは
最初に離婚を切り出してから
1年半後でした。

ー 離婚条件を決めるまで

離婚の同意を得た後、
離婚条件を決めて
公正証書を作ることを
開始しました。

私は
ざっくりと条件を合意したのち
財産分与や養育費について
細かく条件を整理しました。

ちょうど
仕事も忙しい時期で
昼間は仕事をし
仕事が終わってから条件を整理し、、。

寝不足な日々が続きましたが
「とにかく早く離婚したい」
その一心で
毎晩遅くまで条件を整理しました。

そして整理した条件を夫に見せると
「こんなに月々払ったら生活できない」
との一言。

会社だったら
「できないなら、どうやったらできるか考えて」
と言うところですが
離婚に関しては営業マンマインド!

そこで私は
夫の月々の支払いを軽減すべく
学資保険を養育費に充てることにより
月々の支払いを軽減することを提案しました。

そんなふうに
いくつかの難関を乗り越えながら
条件を詰めていき、
ようやく公正証書を作りました。

離婚の同意を得てから
離婚届を出すまで
3カ月近くかかりました。

最初に離婚を切り出してから
離婚届を出すまでに
2年弱かかりました。

ー 報われるまで努力する

これは私の例であり
もっと早く離婚できる人もいれば
もっと時間がかかる人もいると思います。

ただ一つ言えるのは
「諦めたままだったら
 離婚はできなかった」

と言うことです。

私の好きな言葉に
リオネル・メッシの言葉があります。
「努力すれば報われる?
 そうじゃないだろ。
 報われるまで努力するんだ」

これを離婚に当てはめると
メッシに叱られそうですが
まさに離婚に向けても
この気持ちが必要となります。

離婚は本当に大変で
何度も心が挫けそうになります。
でも途中で努力を諦めたら
報われません。

ただ、
報われるまで努力しようと思っても
一人で進めるには
本当に辛くて
心が折れそうになります。

そんな方のために
リボーンコンシェルジュが存在します。

リボーンコンシェルジュは
あなたが挫けそうになった時
あなたに寄り添い、
諦めずに前に進めるよう
お手伝いをします。

離婚というゴールの先にある
幸せな未来を掴むために
ぜひリボーンコンシェルジュにご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP