アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 小堀ひろみ > 男性が”熟年離婚”を切り出す理由

男性が”熟年離婚”を切り出す理由

こんにちは。ひろみです。

「熟年離婚は妻が切り出すもの」という

イメージがありますよね。

でも最近では

夫から妻に”三行半””を突きつける

熟年離婚も目立つようになってきました。

その主な理由はなんでしょうか?

今日はそんなお話です。

・本当は妻ではなく、この女性と一緒になるべきだった

とくに理由も言わず

「ひとりになりたい」
「ひとりの時間がほしい」と

切り出す夫の背景には

多くの場合

「浮気」が存在しているのではないでしょうか。

本当に「ひとりになりたい」のであれば

夫婦関係を続けながら

ひとりの時間を持つことはできるはずですよね。

人生100年時代。

定年退職のタイミングで熟年離婚をし

第二の人生を

新たなパートナーとスタートさせたいと

願う男性は年々

増えていくような気がします。

・2人きりの生活を想像すると、絶望的になる

「何故こんな相手と結婚してしまったのだろう」と

妻への不満を抱えている夫は意外と多いものです。

家事や育児、生活態度や容姿など

夫婦生活をして分かった妻の姿に幻滅し

結婚したことを後悔した結果

「もう無理だ・・・・」と

別々の道を歩みたいと

決心する男性も増えています。

専業主婦の場合

料理や掃除といった

当たり前にある

日々の小さなサービスを

きちんと提供することが

夫に不満を溜めさせないコツ

とも言えるのです。

・海外で独立する夢を諦められない

「海外で独立したいなんて!!」

そんな計画性のない無謀な夢には

パートナーとしてはなかなか

賛成できませんよね。

経済的に破綻する可能性も高く

家族の生活が脅かされることを

予想してしまいます。

とはいえ、夫の将来を信じ

支えるのも妻の役割の一つかもしれません。

「夢」か「妻」かを天秤にかけるのではなく

夫婦が力を合わせて、夫の夢を実現できる方向で

解決策を見いだせることができたら

離婚にはならないと思うのです。

以上のような理由で

男性から熟年離婚を言い出すケースが

増えいるとはいえ

離婚は自分らしく生きていくための

「手段」のひとつであって

「目的」ではありません。

そして、熟年離婚は

かなり勇気がいる決断です。

一人で暮らす不安等もあると思います。

ましてや妻との離婚を考える男性は

「家のことは今まですべて妻に任せていた」という

人も多いでしょう。

離婚後の生活で

初めての家事など

こまごまとした作業に直面して

困ってしまうこともあります。

家事ができないことは

生活していく上で

暮らしが乱れていく一因になります。

そうなると、心がすさみ

やがて離婚したことを

後悔することになりかねませんよね。

ですので、どんな場合でも

結論を出す前に

もう一度ゆっくり考えてみる必要が

あると思います。

そして、男性でも女性でも離婚したことで

「自分らしく幸せな人生を歩んでいく」ことが

できるかどうかが

一番重要だと思います。

「離婚」を選択するからには

「離婚前より、絶対幸せになること

目指して欲しいです。

熟年離婚に限らず

離婚に悩んでいるあなた。

離婚を迷っているあなた。

離婚したいけど

どうしたらいいか

わからないあなた。

全ての夫婦関係の問題について

ご相談にのります。

円満離婚をして

離婚しても幸せになる。

あなたのお気持ちを

丁寧にお聴きして

具体的なアドバイスを

させていただきます。

勇気を出して

一歩前に進んでみませんか?

ご相談をご希望の方は

こちらをクリックして

相談する」からお申込みください。
     ⇩⇩⇩⇩
  小堀ひろみに相談する

★あわせて読みたいおススメコラム★

『あくまでも冷静に淡々と』
➡【離婚の切り出し方に迷ったら

『円満離婚をすることで離婚後も笑顔になれる』
➡【円満離婚出来なかった私が円満離婚を勧める訳

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP