アレグラーレに無料相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 喜多原あき > 両親の不仲が子供に与える影響

両親の不仲が子供に与える影響

こんにちは、あきです。

先日、
娘たちと三人で
近所のレストランで
食事をしました。

食事も美味しかったけど
それより何より
食事中の子供たちの笑顔が
嬉しかった。

子供たちは食事中
ずっと笑顔が絶えず
ニコニコしていました。

箸が転んでもおかしい
お年頃であることもあり
つまらないことでも
笑っていました。

ゆっくり食事を楽しみ
帰る時は
名残惜しそうでした。

でも
今思えば
離婚する前の
数年間は
食事中に
こんな子供たちの笑顔を
見ることはありませんでした。

離婚前は
私と夫が同じテーブルについていると
ぎこちない空気が流れ
子供たちも緊張して
つまらなそうでした。

「早く食べ終わって
 さっさと帰りたい」
そんな風に
ぼやいていました。

離婚前と離婚後
特に子供たちに
大きな変化が出てます。

離婚することによって
確実に子供たちの笑顔が
増えました

私たちが目指す
円満離婚は
「子供の笑顔を守る離婚」
です。

どうしたら離婚で
子供の笑顔を守れるのか。

今日は改めて
これについて
書きたいと思います。

ー 親の影響を大きく受ける子供たち

夫婦仲は
子供たちに
大きく影響します。

生活の中心が
家庭である子供たちにとって
家庭内環境は
生活の全て
と言っても
過言ではありません。

子供たちは
夫や妻が
相手に投げかける言葉や
態度などをみて
人との関わり方を
学んでいきます。

ではもし
夫婦仲が悪い場合
子供たちは
どんな風に感じるのでしょう。

子供は基本的に
両親が好きです。

そんな両親が不仲だと
子供は
「自分は愛されていない」
と感じます。

そしてさらに
この両親の不仲は
 自分のせいではないか」
そう思うようになります。

そうして
常に親の顔色を伺い

両親の間に立って
仲を取り持とうとしたり

ピリピリした雰囲気を無くそうと
わざと明るく振る舞ったり

親の気持ちをそらすために
病気になったり
問題を起こすようになったり

そんな傾向が出てきます。

落ち着いた家庭は
子供に安心を
逆に重苦しい雰囲気の家庭は
子供に不安を
常に与え続けるのです。

では離婚すれば
この問題は解決するのか。

実は問題はそれほど
単純ではありません。

離婚後の
親との関わりも
非常に重要なのです。

ー 離婚後の親との関わり

離婚することにより
両親の不仲を
目の当たりにすることは
なくなります。

ただ、
離婚した後も
子供にとっては
大事な両親です。

もちろん、
DVがあったり
子供に悪影響を及ぼす親は
別です。

が、そうでない場合
離婚後に
離れた親と
一切交流を持てなくなると
「自分は捨てられたのだ」
「父(または母)は自分のことを愛してないから
 離婚したんだ」

と思いこんでしまう
リスクがあります。

また交流を持っていたとしても
離婚相手の悪口を聞かされていると
同じように
自己肯定感は下がったままとなります。

なので離婚しても

離れた親と
交流を続けられる環境を
整えてあげること


そして

離婚相手の悪口を
子供の前で
言わないこと


これが大事です。

これができるのであれば
不仲なまま
ピリピリした雰囲気の家庭を
維持するよりは
離婚した方が
子供にとって
良い環境となるはずです。

*****

ここまで読んでくださり
ありがとうございました。

読んでいただいて
「自分はまさに
 子供にとって良い離婚をしたい!」
そう思った方はぜひ
リボーンコンシェルジュに
ご相談ください。

こちらをクリックし【相談する】ボタンからお申し込みできます。
↓ ↓ ↓
喜多原あきに相談する 

あなたのお話をお聞かせいただき
お気持ちに寄り添い、
幸せな未来を掴むためにどうしたら良いか
アドバイスさせていただきます。

▼あわせて読みたいおすすめ記事
 子供のための離婚を考える
 ▷ 「子供のために離婚しない」は本当に子供のためか 
 ▷ 子供が安心できる場所 

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP