アレグラーレに電話 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > 離婚前の悩み > よくある夫婦の出来事 > 喧嘩のあと、自分から謝ってますか?

喧嘩のあと、自分から謝ってますか?

こんにちは、あきです。

みなさんは
パートナーの方との間に
会話はありますか?

私は
離婚した元夫との間には
あまり会話がありませんでした。

離婚を考える前から
元々会話が少なかった気がします。

会話は
夫婦を継続していくためには
必要なこと。

これがなかったことで
離婚に至ってしまったのは
必然だったのかな
と思います。

今日は飯野馨巳さんのYouTubeで話されていた
「夫婦の会話なくなる原因」で
今更ながら気づいたことについて
書いていきます。

もし今あなたが
パートナーとの間で会話が少ないな
と思っているのであれば
参考にしていただける幸いです。

ー 会話のなくなる原因

先日、
円満離婚アドバイザーの
飯野さんのYouTubeチャンネル
【飯野馨巳の円満離婚チャンネル】で
「夫婦の会話なくなる原因」
をみました。

ここでは原因として
・話をしても意味がないと思われている
・相手が謝るのを待っている
・お互いの存在を当たり前と思って不満が募る
の3つをあげていました。

私にとってはどれも思い当たるものばかり、、。

特に2つ目の
「相手が謝るのを待っている」
は、
元夫に
「君は本当に謝らないよね」
と言われたことを思い出させました。

夫曰く、私は
「非があっても素直に謝らずすぐ言い訳する」
でした。

例えば夫に
「玄関に靴が脱ぎ散らかしてあった」
と言われた時。

その時私は
帰宅後に急いでやらねばならないことがあり
走って家まで帰ってきて、
玄関に靴を脱ぎ散らかして家に駆け込み
まさにその用事に取り掛かっていました。

「いつもは靴は揃えている。
 でも今日は他に優先すべきことがあった。
 今もまさにそれをやっている。」

そう言い訳したのですが
夫曰く
「どんな時でも靴は揃えるべき」
 謝りもせずに言い訳するのは子供っぽい」

当時、それを言われた時は
「他に優先すべき事項があって
 靴を揃える優先順位を下げただけ。
 何が悪いの?
と思ったものでした。

ー 会話のなくなっている時の対処法

今思えば
少なくとも相手に不快な思いをさせたことは確かであり
まずは一言
「ごめんね」
と言えばよかったのでしょう。

また、もし指摘したのが
夫でなく他人だったら
謝っていたと思います。

夫婦だから
謝る必要ないよね
と言う甘えがあったのだと思います。

飯野さんはYouTubeの中で
この対処法として
・まずは自分から謝る
・そして謝ることを習慣化する

と言ってました。

ーー
まずはこちらから歩み寄る
そうすると相手も謝るかもしれない

どんな些細なことでも
自分が悪いと思うことがあったら
「ごめんね」
と謝ることを習慣化する

そうすると
お相手が謝るようになるかもしれない。

自分が言うようになると
自然にお相手が言うようになる可能性はある
まずは自分から、が大切。
ーー

当時の私は
「謝らない」
と夫から言われた時に
「そっちこそ謝らないじゃない」
と思ったものでした。

でもそうじゃなかった。
私が謝らないから
夫も謝らなかったんだ。

今更ながら気づいた出来事でした。

ー 夫婦を継続するために

もしあなたが今
パートナーとの会話が少なくなったな
と感じているのであれば

そして
夫婦関係を継続したいと思っているのであれば

まずはご自身で
会話を取り戻すことを
心がけてみてください。

「伝えたいけど言っても無駄」
と思っているのであれば
相手にどうしたら伝わるのかを
考えてみてください。

「相手に謝って欲しい」
と思っているのであれば
自分から謝ることを習慣化してみてください。

そして
「それでもやっぱり難しい
 離婚するべきかどうしようか」
と悩んでしまった場合

そんな時は
ぜひリボーンコンシェルジュに
ご相談ください。

リボーンコンシェルジュは
円満離婚のご相談だけでなく
離婚するかどうか悩んでる方のご相談も
承ります。

決して離婚を勧めることはせず
相談者の方が
どうしたら幸せになれるかを考え喜多原あきのプロフィール&ご相談予約
ベストな選択ができるよう
お手伝いいたします。

ご相談のご予約はこちら↓の【相談する】からお申し込みできます
https://allegrare.net/kitahara-aki/

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

03-6811-6664 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP