アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 今井佑歌 > 自立は幸せの道

自立は幸せの道

こんにちは。ゆかです。

離婚を考える人、
特に女性は
『自立』という言葉を
避けては通れないと思います。

私自身、
経済的自立が問題で
離婚を諦めた経験があります。

10年前に離婚を諦めた時と
離婚をした現在の自分の状況から、
私が気付いた大切なことについて
今回は記そうと思います。

▼自立と依存について

女性が離婚を考える時、
更にそこに子供がいる場合、
経済的自立ということを
まず一番に考えると思います。

もちろん、
この地球上で生きていく限り
経済的自立は必要でしょう。

けれど必要な自立は
それだけではありません。

精神的な自立も必要です。
経済的にも精神的にも
配偶者等に依存しない状態、
自分で立っている状態がベストです。

でもそれは
人に頼らない、助けを求めない
ということではありません。
頼ることがイコール依存ではありません。

依存は
それが無ければ生きていけない、
という状態です。

先にも書きましたが
とりわけ、女性の経済的自立が
その大半を占めてしまいがちですが
男性側も、
精神的に女性に依存しているというケースもあり
そこの自立も大切です。

これは離婚問題に限らず、
夫婦関係、対人関係において
大切なポイントであると私は考えています。

▼経済的な問題だけではない

私は10年前に
もう本当に離婚する!
と思った時がありました。
けれど、経済的自立が出来ない事から
結婚生活を継続するという選択をしました。

これは一見
経済的自立だけが問題のようで
実は精神的自立ができていないことも
大きな原因でした。
当時、そのことには気付けませんでした。

あまり認めたくはないことですが
元夫に依存していたのだと思います。
「元夫がいなければ生活が成り立たない」
経済的に依存しているようで、
それだけではなく、
自分で立つことから逃げていたのだと思います。

酷い話ですが、
私の場合、元夫でなくても、
もしその時、
私と子供を養ってくれる人が居たら
離婚していたかもしれません。
結局、
経済的に助けてくれる人に対しての依存です。

これでは自立にならず、
幸せな人生は送れないでしょう。

人はひとりでは生きていけません。
でもそれと依存や自立は同義ではありません。
決して、
なんでもかんでもひとりで頑張れとか
孤独になれということではありません。

自分の足でしっかりと人生を立つこと、
そして何かあればちゃんと人を頼れること、
そのことで
人は強くなれるし、
自分の生きたい人生を切り拓いていく
可能性が広がります。

自立することで
自分の人生を生きられます。
私は今はそれが
身に染みて理解できます。

▼リボーンコンシェルジュはガイドです

離婚は人生の中でも大きな出来事です。
肉体的にも精神的にも
かなり疲弊します。
諦めたくもなります。

でもそれを
ひとりで背負ってしまう必要はないのです。

ガイドのような存在のリボーンコンシェルジュがいます。
リボーンコンシェルジュと共に
あなたの幸せに進むことは
依存にはなりません。
あなたが自分の足でしっかりと進んでいくので
自立する軸も強く太くなっていきます。

そしてそれを乗り越えることで
あなたはとても大きなものを手にします。
本当の意味で幸せになるということを
きっと実感できるでしょう。

あなたの幸せのお手伝いができることを
私はお待ちしています。
こちらをクリックして【相談する】ボタンからお申込みください。
 ↓ ↓ ↓
今井佑歌に相談する

★あわせて読みたいお勧め記事

・離婚は幸せのための再スタートなのです
人と比べない自分の幸せ
最幸の「離婚おめでとう」とは

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP