アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 喜多原あき > 違和感は放置しない

違和感は放置しない

こんにちは、あきです。

それまでは何も感じていなかったけど
一歩その環境から離れてみたら
違和感があったことに気がついた。
そういうことありませんか?

そして気づいた後、
その違和感を放置してませんか?

今回は私が違和感を感じつつも、
それを放置した結果、
について書こうと思います。

あなたがふと感じた違和感は
本当に受容できるものなのか。
それをじっくり考えていただく
きっかけになると幸いです。

【いつもと違う家族旅行】

娘たちが6歳と4歳の時。

夏休みの家族旅行で
沖縄に行く計画を立ててました。

すっかり準備もできて
いよいよ明日出発という日の夕方。

夫から突然メールが入りました。

「仕事でトラブルが発生したので
 旅行に行けなくなった」

え、、とは思いましたが
仕事ならこれは仕方がない。

問題は
この旅行を延期するか
夫なしで決行するか。

しかし出発はすでに明日。
私自身は仕事の調整を済ませていて
別の日に夏休みを取りなおすのは
今更難しい。

そう考えて
「分かった。
 じゃ、あなたの分はキャンセルして
 私と子供達で行ってくるね」
と夫に返信しました。

とはいえ子供たちは二人とも未就学児。

それまでの家族旅行では
私はいつも旅行中気が張っていて
旅行中も旅行後も疲れ果ててました。

しかも今回は夫がいない。
小さな子供たち二人連れて
私一人で大丈夫だろうか、、。

そんな不安を抱えながら
翌日、沖縄へと出発しました。

【母娘3人旅行、その結果】

ところがその旅行は予想に反して
今までになく
気楽で楽しいものとなりました。

そして、私は気づきました。

夫がいると
夫に何を言われるわけではないけど
なぜか私は子供たちに対してピリピリしがち。

ところが、夫がいないと
なぜか子供たちに対しておおらかになれる。

そうか!
夫の目があると
「ちゃんとしなきゃ」
という気持ちが働いて気が休まらなかったのか。

ちゃんとしなきゃ、と思いつめて
子供たちにもピリピリしてたんだ!

「このまま家に帰らずに
 ずっと娘たちと3人なら気楽なのに」

私は旅行中
ずっとそう思っていました。

でも旅行から帰って来ると
また日々のバタバタに呑まれて
いつもの日常生活に戻っていきました。

ただ
その時気づいた違和感は
後々消えることはなく
ジワジワと私の心の奥底で
熟成されていきました。

そしてその10年後、
私たち夫婦は離婚しました。

【違和感と向き合わなかったことで起きたこと】

もし10年前、
違和感を覚えたその時に
しっかりと向き合っていたら。

そうしたら、
私たち夫婦は早々に修復か離婚かを選択し
その後の長きにわたる夫婦間の諍いは
避けられていたはず。

そうしたら、
思春期の多感な時期の子供たちに
余計な負荷をかけずに済んでいたはず。

限られた人生の中で
その違和感に蓋をしながら
じわじわと黒い気持ちを育ててしまった10年間は、
勿体無かった。

今更ながら思います。

なので、
あなたがなんらか違和感を覚えたら
それを取り出してよく吟味してください。

それは
一生我慢できるものなのかどうか。
もしくは解消できるものかどうか。

そして、もし向き合ってみて
どうして良いかわからなくなってしまった場合。
そんな時は
リボーンコンシェルジュにぜひご相談下さい。

リボーンコンシェルジュは、
その違和感について
客観的な立場でアドバイスをします。

あなたの幸せな未来のために
その違和感、放置しないでください。

こちらをクリックし【相談する】ボタンからお申し込みできます。
↓ ↓ ↓
喜多原あきに相談する

あなたのお話をお聞かせいただき
お気持ちに寄り添い、
解決していく方法を
アドバイスさせていただきます。

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP