アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 今井佑歌 > 勢い別居、その代償

勢い別居、その代償

こんにちは。ゆかです。

離婚したい、
と思っている方は
一度は別居が頭を過った事が
あるのではないでしょうか。

別居すると
目の前の嫌な空気や出来事から
逃れる事ができるので
精神的にはとても楽です。

でも離婚したいのであれば
勢いで別居するのは一旦考えてください。
それは取り返しのつかない事が
起こる可能性があるからです。

とある方の困り事を
実例のひとつとして
お話ししたいと思います。

▼離婚できない苦しみ

私の知人男性は
奥様との生活が耐えられなくなり
幼い子供を奥様の元に置いて
ひとり家を飛び出しました。

10年前のことです。

子供のことは大切に思っているし
婚姻費用は別居した時から
欠かさず払い続けています。
算定表よりも多い額です。

男性は離婚したいのです。
でもまともに話し合いができないので
調停になりました。
奥様は頑なに離婚を拒否し続け、
男性は精神的に疲れてしまい
調停を止めてしまいました。

別居してから10年。
未だ離婚できていません。

奥様は働いて収入も得ているでしょう。
もしかしたらパートナーがいるかもしれません。

男性は婚姻費用を今でも
変わらず払い続けています。

けれど、子供には一度も会えていません。
どんな顔になっているか
どう成長しているか、
男性は全く知りません。


9割方離婚を諦めていて、
自分の人生すら半ば諦めていて、
話を聞いた時、
私はとても胸が苦しくなりました。

昨年「もう一度頑張ろう」と
調停を申し立てたそうですが、
コロナの影響を受け、
延期になってしまったとのこと。

その後のお話は聞けていませんが
私はリボーンコンシェルジュになった今
何か少しでもお役に立ちたいと
願うばかりです。

▼行動の前にまず相談

目の前の生活が嫌で
思わず飛び出してしまいたくなる気持ちは
私も本当によく分かります。

けれど、それをしてしまうと
離婚の話し合いがなかなかできず、
長引いてしまう可能性は非常に高いです。


一緒に居るのが嫌だから
〝別居〟を考えた時、
精神的に楽になるということが
一番に思い浮かんで
それを欲するし、そこに逃げたくなります。

「別居をしたら
 夫婦としてもうダメな事は明白だから
 相手が離婚に応じてくれるだろう」


と思うのは安易です。
こちら側の都合の良い考えです。
相手が同じように考えてくれる
と思い込まない方がよいです。

別居してその場は楽になっても、
その後、別の苦しみが続くかもしれない、
だからその前に、
ご相談いただくことがベストです。
リボーンコンシェルジュは
あなたのお力になれます。


今井佑歌があなたの辛いお気持ちをお聞きします。
こちらをクリックして【相談する】ボタンからお申込みください。
 ↓ ↓ ↓
今井佑歌に相談する

★あわせて読みたいお勧め記事
・別居、離婚を考えたらまず自立を。
自立は幸せの道

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP