アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 小堀ひろみ > 家事分担の「平等」は本当に女性にとって得か?

家事分担の「平等」は本当に女性にとって得か?

こんにちは。ひろみです。

最近よく耳にする
「ジェンダー平等」という言葉。

社会的・文化的な性によって
役割を押し付けたいり
それによって差別があってはならず
誰もが平等であるべきだ。
という主張のことです。

ある地方新聞が行ったアンケート調査結果では
じつは「ジェンダー不平等」をもっとも感じる場面は
「家庭生活」だったそうです。

今日はそんなお話です。


・「私ばっかりが家事をしている?」

一般的には

「女性の方が料理や子育ては上手でしょ?」と

思っている人は多いのではないでしょうか。

それは遥か昔から、または歴史的にも
女性がそういう役割を与えられてきたせいと
言う人もいるでしょう。

しかし私はそうは思いません。

女性であっても料理が苦手な人もいるし
男性であっても育児が得意な人もいる。

もちろんそこには
能力の不平等があり、それは無視できません。

だからと言って
女性が全部家事育児をやると
決まっているわけではないのです。

基本的に私は夫婦、特に共働きの場合
家事は平等にやるべきだと思っています。

・単純に家事を半々に分担してもいい結果がでない。

では世の中の平均的な夫婦がいて
家事を半々に分担するとします。

平均であれば
この夫婦は女性のほうが家事が得意だと
思われるので
当然男性の方が負担が重くなる。

能力は不平等なのに無理に平等にすると
結果が不平等になるのです。

もし家事が得意ではない男性が
なんとか頑張ってやったとしても
おそらく仕上がりはイマイチ。

それをみてイライラしたり
もう一度やり直したりしなければならなくなる。

それは女性にとっていい結果になりませんよね。

・得意不得意のバランスを考える

家事分担の不平等をなくすには
家庭内で分担の
ルールを作るといいと思います。

得意不得意のバランスを考えたうえで
6対4とか7対3とかに割り振る。

表面的には不平等にみえるけど
それぞれの能力や得意分野を活かせば
結果的に平等になるのではないでしょうか。

そのほうがケンカをすることもなく
お互いストレスを溜めることもなく
夫婦円満になると思います。

男性が家事が得意なら半々でもいいし
逆転してもいいはず。

お風呂洗いや掃除とか
単純な力仕事は、男性に任せるなど
バランスをとるというやり方もありますよね。

・平等という名ばかりの風呂敷を広げない

ジェンダー平等は
「平等」という名ばかりの風呂敷を
広げるだけでは実現しません。

大事なのは「不平等」を
「ないもの」にせず

様々なやり方や決まりを
それぞれの夫婦で話し合って決める。

そうすれば、どちらかの負担が重くなって
「不満」や「不平」を溜めることが
なくなるのではないしょうか。

そのことが夫婦にとって
一番大事なのではないでしょうか。

『あるべき男性の姿』や
『あって当然の女性の役割』
などが

存在しないのと同様に

『もともと誰もが平等だ』

というのは
今や幻想でしかないのです。

「平等じゃないのはおかしい」と
言う前に

男性、女性という違いではなく
能力の差に目を向けて

それぞれの夫婦なりの正解を見つけていく。

そして家事の不満を少しずつ減らしていけたら

きっと夫婦円満に繋がっていくと思います。

ジェンダー平等なんて言葉を知らない
知ろうともしない
昭和な夫を持ち
家事育児全般を押し付けられて
疲れ切っているあなた。

何度お願いしても、手伝いもせず
「俺の稼ぎのほうが上だ」の一言で
何もしない夫に
嫌気がさしているあなた。

心の叫びをだれにも言えずに
モヤモヤを溜めてしまっていませんか?

このまま状況が悪くなることがあっても
この先良くなることはありますか?

勇気をだして、今こそ
リボーンコンシェルジュに話してみてください。

あなたの心の叫びを丁寧にお聞きします。
あなたが幸せになる方法を
一緒に考えましょう。

ご相談をご希望の方は
こちらをクリックして「相談する」からお申し込みください
           ⇩⇩⇩⇩

        小堀ひろみに相談する

あわせて読みたいおススメコラム

『夫婦の役割に縛られないで!』
➡➡【役割の呪い

『感謝と労いの言葉が離婚を回避できる?』
➡➡【妻が夫から言って欲しい言葉

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP