アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 今井佑歌 > 円満=楽?

円満=楽?

こんにちは。ゆかです。

あなたは
〝離婚の話し合い〟
について
どんなイメージを持っていますか?

すんなりいかない
険悪ムード
罵り合いになる
めちゃくちゃ大変
寿命が縮まる
精神的にきつくて痩せる
体調を崩す
話がまとまらず長引く
etc.

これらは
私が実際に聞いたお声です。

それでは
私たちリボーンコンシェルジュが
アドバイスさせて頂いている
〝円満離婚〟は
どうだろう?

今回は
実際に円満離婚の方法を使って
離婚した私のことと
サポートさせて頂いている
お客様の声を元に
お伝えします。

▼息が出来ないほど不安で辛かった

今からちょうど一年前、
私は親権についての話し合いで
苦しんでいました。

離婚の話を切り出してから
届を出すまでの間で
親権の話し合いが
一番きつくて、
あの時のことを思い出すだけで
今でも胸がギュッとなります。

リボーンコンシェルジュの
アドバイス通りに
上手く話すことができず
言い合いになってしまったこともありました。

アドバイスを守れないほど
私の精神状態は崩壊寸前。

親権を取られてしまう不安で
呼吸するのも苦しいほどでした。

苦しさと不安と焦りで
相手の言葉を冷静に受け止め、
冷静に言葉を返すことが
出来ていませんでした。

円満離婚の方法を使っても、
結局は離婚の話し合いです。

円満と聞くと
なんだかとても楽に
解決すると思われがちですが、
楽ではありません。

▼「もっと楽だと思っていた」

お客様で
離婚の同意はできているけれど
条件でなかなか折り合いがつかず
疲弊してしまっている方がみえます。

お客様は
「もっと気持ち的に楽かと思っていました。
こんなに辛いんですね。
今井さんもやったんですよね。
凄いなぁ……こんなに辛いのに」

と、時々ポロリと零されます。

円満的に解決したいと思う気持ちが
お相手にうまく伝わらずに
もどかしさと苛立ちとで
精神的に苦しくなっています。

円満離婚と言えども
やっぱり結局は離婚の話し合いです。

辛くない、
ということはないのです。

▼それでもやっぱり円満離婚

辛い辛いばかり書いていますが、
気持ちの持ちようで
耽々とこなし
言い合いになっている時よりは
気持ちが楽
という方もいらっしゃいます。

それはやっぱり
円満離婚の方法で
話し合いをしているからこそ
得られている状況です。

円満=楽
円満=仲良し
ということではありません。

・揉めない離婚
・冷静に建設的に話し合い、
 子供を犠牲にしない離婚

です。

私は
耽々とこなして楽だった、
ということはありませんでした。

けれど、
この方法を使っていなければ
養育費や財産分与など
取り決めをせずに、
「離婚する」「離れる」
という目先のことだけしか考えられず
「とりあえず離婚さえしてくれればいい」
と、出て行っていたと思います。

公正証書なんて頭にもありませんでした。

でも今は、
ちゃんと取り決めができて
子供と父親の関係も良好でいられる
この形の離婚ができて
本当によかったと思っているのです。

離婚の話し合いは
楽しいものでも
楽なものでもありません。

でも
どうせしんどい思いをするなら
きちんと取り決めをして
ネガティブな感情をなるべく残さず
子供を犠牲にしない
円満離婚の方法を取ることが
離婚に関わる全員にとって幸せな事だと
私は思っています。


関わる全ての人の幸せを考えて離婚するなら
こちらをクリックして【相談する】ボタンからお申込みください。
 ↓ ↓ ↓
今井佑歌に相談する

★あわせて読みたいお勧め関連コラム★
円満離婚を完走するために
なぜ円満離婚なのか

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP