アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 今井佑歌 > 別居のリスク

別居のリスク

こんにちは。ゆかです。

夫婦関係が悪くなると
一緒の家、部屋、空間に
居る事がつらくなり、
離れたい気持ちになると思います。

私自身もそうでしたが
私の知人にも、
夫と顔を合わせたくないから
家に帰ってくる時間には
部屋に籠って会わないようにする
という方は
結構いらっしゃいます。

それが限界になると
別居という形を取りたくなるのも
当然かと思います。

が、
別居には落とし穴があります。
色々あるリスクの中で
今回はメンタル面について
書きたいと思います。

▼根本的解決にはならない

離婚まではまだ考えていないけど、
現状を変えたいとか
一時的に冷却期間を置く、
という気持ちで
別居を選択される方がみえます。

そして一定期間別居すると
気持ちに余裕ができ、
「やり直せるかも」
と思われるようですが
それは難しいです。

なぜなら、
別居して気持ちにゆとりができたことと
同居中に感じていた嫌な気持ちの記憶が
薄れてきただけで、
そもそもの夫婦間の問題の
何の解決もできていないからです。

一時期離れてみて
お互い冷静になって
心を入れ替えたり
気持ちを切り替えるということが
きっと出来るであろう、
と期待しても
その期待が叶うのも
一時的であることが殆どでしょう。

根本的解決をしていないので
また同じことを繰り返すか、
別居期間の気持ちの楽さを
経験しているが故に
相手に対して嫌な感情を
更に悪化させることにも
なりかねません。

▼離婚したくて別居を選択する際のリスク

離婚をしようと思った時、
(危機的ケースを除いて)
まずは別居を考えることも
あるかと思います。

私は離婚の同意を得て
離婚届の記入も終わった時点で
子供の新学期に合わせて
離婚成立前に引っ越し、
別居状態になりました。

なぜ離婚届けを出す前だったかというと
公正証書の作成が未だだったからです。
けれど、協議離婚合意書も出来ていて
公証役場にそれを出して
あとは作ってもらうだけの状態で、
それが新学期に間に合わなかったので
離婚前に別居という形になりました。

離婚は決まっていたし目前だったので
そこにリスクはない、
と思っていました。

別居期間は公正証書完成を待った半月でした。
けれど、そのたった半月の間に
「別居でこんなに気が楽なら
もしかしたら(めんどくさい)離婚をせずに
ずっと別居という(楽な)選択を
していたかもしれない」

と一瞬頭を過りました。

離婚までの道のりは
かなり精神的に厳しいです。
そして離婚に関する手続きなどは
女性は特にやることが多く
とても労力が要ります。

そんなめんどくさくて大変な思いをするなら
別居でいいや、
という気持ちに、一瞬ですが、私ですらなりました。
〝私ですら〟と言うのは
私には離婚の絶対的強い意志があり
別居なんて私には意味がなく、
籍での繋がりを絶ちたいと思っていたからです。
そんな強い意志を持っていた私でも、
離婚の大変さから
別居という楽な形に流されそうになりました。

なので、
離婚前に別居をすると、
「このままでもいいか」
という気持ちになってしまうリスクがあります。

なぜリスクという言い方をするかというと、
それをしたところで、
自分自身の幸せの道が開いたわけでも、
問題の解決にもなっていないからです。

その場しのぎ
現実逃避

キツイ言い方ですが、
離婚を考えているのに別居でいいやと思うのは
問題の先送りです。
それは〝幸せ〟とは違います。

別居には金銭的問題も絡んできますし、
離婚の話し合いを進めづらくなるという
デメリットも当然あります。

だから別居を選択することは
しっかり考えなければなりません。
流されるのではなく
冷静な判断で、計画的に、
幸せなゴールのヴィジョンを明確に持って。

人生は有限です。
このままで諦めたくない。
でもどうしていいか分からない。
苦しくてたまらない。

そんな方はまず
リボーンコンシェルジュに気持ちを吐き出して
少しでも楽になる事からはじめましょう。

そこからあなたのこれからの幸せの道を
一緒に考え、共に進みます。

あなたの辛い気持ちを受け止めます。
こちらをクリックして【相談する】ボタンからお申込みください。
 ↓ ↓ ↓
今井佑歌に相談する

★あわせて読みたいお勧め記事
勢い別居、その代償

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料メール相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP