アレグラーレに無料相談 お問い合わせフォーム
オンライン予約
TEL
03-6811-6664
定休日
日・祝日
円満離婚のアレグラーレ > コラム > リボーンコンシェルジュブログ > 今井佑歌 > 「バツ1」が嫌?

「バツ1」が嫌?

こんにちは。ゆかです。

あなたは
「バツ1」
という言葉に
どんなイメージを持っていますか。

「離婚を1回した人」
という事実以外に
世間の目は
どんなイメージを持っていると
感じますか?

▼バツ1という言葉の由来

離婚すると
「バツ1」
と言われます。

これは
従来の縦書きの戸籍の時の
記載方法で
離婚した人の戸籍の名前欄に
バツ印がつくことからきています。

2回離婚すれば
バツ印が2つついて
「バツ2」
というわけです。

現在はコンピュータ化され
横書きの戸籍になり
バツ印ではなく
「除籍」
と記載されます。

けれど世間的に
離婚した人のことを
「バツ1」と表現することは
未だ当たり前のように使われています。

分かりやすいと言えば
分かりやすいですからね。
分かりやすくする必要があるかは置いておいて……

▼バツ1という表現が嫌な理由

私は10年以上前に
うっすら頭の中に
「離婚」の文字が
チラつくようになった時、
それでも
「バツ1になりたくない」
と思い、
なんだかんだと結婚生活を
継続していました。

私の友人も
「本当に旦那が嫌すぎる!
 離婚したい!!
 でもバツ1にはなりたくないからなぁ」
と言って
結婚生活を続けています。

そして会うたびに
旦那様の愚痴を零しています。

友人も、昔の私も、
パートナーとの関係に不満を持ちながら、
離婚したいと言いながら、
「バツ1」
という言葉が自分につくのが嫌で
離婚に対して行動することは
ありませんでした。

なぜそんなにも
「バツ1」
が引っ掛かるのか。

それは
【 結婚に失敗したダメ人間 】
と評価をされているようで
自分を否定されているようで
嫌だからだと思います。

(少なくとも友人と私はそうでした)

▼自分と向き合い決める

けれど、
私が本気で離婚を決意した時、
自分がバツ1になる、
ということなど
何も気になりませんでした。

むしろ
そんなことどうでもよかった。

頭を過りもしませんでした。

そんな世間の評価やイメージを
気にするよりも、
結婚生活を続けるのはもう無理、
自分の人生を幸せに生きたい、
その気持ちが上回りました。

もし、
バツ1という言葉に
恥ずかしさや
嫌だという気持ちがあって
離婚への気持ちをストップできるなら
パートナーとの関係を
修復できる可能性があるかもしれません。

その場合、
嫌だ嫌だと
愚痴や不満にフォーカスするのではなく、
視点を変えて
パートナーと向き合い
改善の方向へ動くことが
今あなたができる
最善のことかもしれません。

現状維持や現状悪化ではなく、
その先の離婚回避や
不満から平穏な生活へと
シフトできるのではないかと思います。

こちらをクリックして【相談する】ボタンからお申込みください。
 ↓ ↓ ↓
今井佑歌に相談する

★あわせて読みたいお勧め関連コラム★
性格の不一致で離婚を迷うなら…
相手を変えることは〝できる〟

ご予約・お問い合わせ

離婚のことでお悩みなら、円満離婚のアレグラーレにお任せください

アレグラーレに無料相談 お問い合わせフォーム 円満離婚セミナーご予約
オンライン予約
電話番号
03-6811-6664
定休日
日・祝日

▲ TOP