“胎内記憶”と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか?

2016-04-07 | Posted in ブログ, 土橋 優子 |  

“胎内記憶”と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか。

“胎内記憶”とは、一般的にはお母さんのお腹の中にいた時の記憶とされています。

講師の土橋優子先生は、500人以上の子どもたちから聞いた胎内記憶を生かした幼児教育のスペシャリストです。

胎内記憶を持つ3人の子どもたちを育てる母親でもあり、ご自身も、38歳の時に胎内記憶を思い出されています。

大人であるあなたも、今は忘れてしまっているだけで、母親の胎内にいた経験はあり、その時の記憶や感覚は、記憶の引き出しの中にしまわれているだけなのです。

「胎内感覚セラピー」は、胎内にいた時の感覚を思い出すことで、その後できた様々な感情やトラウマをクリアにすることができます。

 

私は、この「胎内感覚セラピー」を受講して、本当の自分のしたいことに気づくことができました。❤️

 

どうぞ、この機会に体験してみませんか?

 

🌼🌼アレグラーレスタッフ🌼🌼

*********************************************************************************
皆さん、大変ご無沙汰しております。

胎内感覚セラピーの土橋優子です。

1月にセラピー2回目を受けて下さった方より、
嬉しい感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

 

土橋 優子

胎内感覚セラピーを受けてから3ヶ月が過ぎたので、
その後の変化をお伝えしたいと思い、メールさせていただきます。

 

1度目の大人数のセラピー後は、
自分がこうなりたいと思う人と出会ったり、ふとした時に心に響く言葉が飛び込んできたり、
小さな気づきから考えさせられ、少しずつ良くなってるかも?といった感じだったのですが、

2度目の少人数のセラピー後は、肩や頭に重くのしかかっていた、
不安、心配、焦りなどがパラパラと自然に落ちてしまった感覚です。

 

セラピーから1ヶ月後くらいまでは、
「旦那さんに手伝って欲しいと言えた」「娘が幼稚園で楽しめると心から信じられる」
「潔癖症が軽減した」など、ひとつひとつ出来た!と喜んでいたのですが、
今では悩んでいた事自体、意識して思い出さないと出てこない程です。

 

私の場合、生まれ変わったというより、
自分を信じ自分を大事にしていた母になる前の自分に戻れたような気がしています。

 

そして、自分を信じるのと同じように、自分を大事に思うのと同じように、
子どもに接することができるようになってきていると感じています。

 

今までは、自分以上に子どもを大事にしないといけない、失敗してはいけない、
(無意識に)母のようにならないといけないと、力が入り過ぎていたのかもしれません。

 

不安から育児本や他人に、理解を求めたりもしていましたが、
今は子ども自身や主人と話すようになりました。
育児本は好きなので相変わらず買ってはいますが^^;

 

主人は、セラピーのことを怪しいと思っていたけれど、
今では「一皮むけた気がする!もしかしてセラピーのおかげじゃない?」なんて言ってます(^^)

 

胎内感覚セラピー、参加して本当に良かったです!

 

優子先生に出会えたこと、心配ばかりのネガティヴだった私に、
いつも変わらず親身になって話していただいたこと、
心から感謝しています。ありがとうございます。

 

またお会いできるのを楽しみにしていますね。

 

これからもよろしくお願いいたします。

*************************************

◆4月の「胎内感覚セラピー」ご案内

日時:4/17(日)13:00~17:00
会場:藤沢駅徒歩3分 幼児教室スコーレ
参加費:6000円(3回以上ご参加の方は3000円)
*今回も少人数制となりますので、お早めにご予約下さい。
*はじめての方もご参加できます。
*3回目以上ご参加の方は、14:00にお越しください。

離婚 講座

 

◆大人のための胎内感覚セラピー (ぬくもり感覚セラピー)
 土橋優子のページはこちら◆

 

ブログ村ランキングへ参加しています
よかったらクリックご協力お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます