【子連れ離婚】養育費が払われ続けるために大切なこと

2017-06-10 | Posted in 離婚, 離婚の手続き, 離婚の豆知識, 離婚体験談 |  

私のまわりには、養育費をもらっていない人が多くいます。
特に多いのは、最初はきちんと払われていた養育費がもらえなくなってしまった人です。

協議離婚の場合は、公正証書は必ず作成

実際には、協議離婚の場合でも公正証書(公正証書 とは、両当事者(代理人も可)が一緒に公証役場へ出向いて、当事者が合意した内容を基に公証人に作成してもらう書面のことをいいます)をかわしている人は、家庭裁判所に手続きをすれば給料の差し押さえをすることができるのですが、それでもいろいろな条件があるので、満額差し押さえをするのは結構大変だったりします。(調停や裁判をされた方は調書が作成されます)

協議離婚をされた方の中には、公正証書を取り交わしていない人も結構いますので、これは特にお子さんがいる方は必ず作成してください。

一般には離婚届の前に公正証書契約が作成されるものですが、離婚後でも公正証書を作成することは可能です。

もし、養育費を支払われなくなった時には、「強制執行」等、手続きが出来ます。

 

養育費をもらい続けるために

ということで、もし養育費を支払われなくなった時には、書面上では、手続きをして進めればいいのですが、そうならないために、元夫に問題なく子供が成人するまで快く養育費を振り込んでもらうにはどうすれば良いかということです。
元夫が子供のことを思って養育費をくれる、それが一番良いですよね。

それは、自分の子供を「かわいい」と思い続けてもらうことです。


養育費をもらい続ける

父親の自覚と喜び

離婚したために、離れてしまった子供に会いたいし、本当にかわいいと思っていたとしても、あまり会えなかったり、子供が成長してくると、だんだんその気持ちに変化が起きてくることがあります。

元夫の生活状況にも変化があったり、例えば再婚をした場合、その家族にお金を使いたい、もしくは養育費に関して新妻に難色をしめされるといったことに直面すると、払わないという選択がでてきてしまうことがあるのです。

元夫とは一切連絡をとりたくない、子供とも会わせたくない、もちろん自分も会いたくないって方は多いのかもしれません。

しかし、大事なのは子供の成長を感じることが出来ていれば、元夫も父親としての自覚や喜びは持ち続けていくのではないでしょうか。

注意したいのは、会わせてあげるから養育費を払ってというのは、違います。養育費と面会は、全く別のものですので切り離して考えてください。

離婚してすぐには無理かもしれませんが、子供の成長を見守るパートナーになれたら、子供もうれしいと思います。

例えば会っている時に、子供が行きたい高校があると相談をしたとします。
それが私立だとしても、できれば行かせてあげたいと思ったりするかもしれませんよね。

 

当然、お子さんの意思やさまざまな事情もあると思います。
ですので一概に、子供との関わりを持ち続けることがベストだとは思っていません。
でも、子供さんが会いたいと思い、そして状況が許されるなら、お子さんが会いたいと思っている間は、会わせてあげることがお子さんの為にも養育費が払われるということからも、良いのかもしれません。

もちろん私は養育費を払うのは、親として当然だと思っています。
払わないなんて言語道断ですよね。
子供を育てるには、本当にお金は必要なので、養育費をもらい続けるということを、子供のためにもしっかりと考える必要があるのではないでしょうか。

 

大切なお知らせ

実際にカウンセリングをしてきた夫婦問題に悩む男女の事例や

私自身の本当は人には言いたくない様な離婚当時の話を赤裸々に

語った、しあわせ離婚メルマガをスタートさせました。

「離婚時の子供への配慮」等についても書いています。

 

こちらを是非ご確認頂き、メルマガに登録しておいてください。

しあわせ離婚メルマガ

 

ブログの順位を上げるために是非応援ください。
クリックご協力お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

上へ