子連れ離婚 もめ事を回避するために準備しておくこと

2017-07-03 | Posted in 離婚の豆知識, 離婚の進め方, 離婚前の悩み |  

夫に離婚を伝えた後

夫にやっとの思いで離婚の意思を伝えたら、夫からその後、嫌がらせをされてしまったりと辛い状況になってしまうことがあります。

結婚より離婚をする方が何十倍も大変だとよく言われていますよね。
それは、結婚と違って、離婚をしたい人としたくない人、夫婦お互いの気持ちが逆の方に向いてしまっている場合、大変なことになってしまうんですね。

一回こじれてしまったら、どちらかが最後、相手の意思を受け入れるまで続くことになってしまいます。
正直、これはいつ出口があるのかが見えてこないので、かなり精神的に辛い状況だと思うんですね。

そして、子連れ離婚を考えている方は、お子さんにも少なからず影響を及ぼすことになってしまいます。
私の場合は、私と夫が言い争いになりそうになると、息子はいち早くそれを察知して自分に気を向けようとしていました。
今思うと、両親がもめている姿が辛くて、自分なりに考えて小さいながらに一生懸命だったと思います。

離婚の準備

 

こじれる夫婦間

でも、夫婦間がこの写真のようになってしまったら。。。

ひたすら、あなたの離婚の意思は変わらないこと、そして、夫婦を続けていくのは難しいことを伝え続けるしかありません。

もちろん、別居など行動で示すということもありますが、それでも、協議離婚を進めている間は、常にあなたがどうして離婚に至ったのか、どうして夫婦を続けていけないのか、あなた自身の言葉で夫に伝え続けるしかないんですね。

そうしていく中で、少し前まで全く平行線で聞く耳をもってくれなかったとしても、ある時から少しずつ状況が変わってきたりする場合があります。
それは、もう本当にダメなのかもしれないと夫が思い始めると状況が変わってくるんですね。

つまり、現実が冷静に見えてくると、夫も最後は諦めざるを得なくなってくるということなんです。

それまで、根気良く伝え続けることがとても大切になります。
そして、それはいつまで?どのくらい?先がまったく見えてこないので、かなり精神的にも辛い状況が続いてしまうということです。

 

もめない為に

もめて、こじれない為にも、実は、円満に話し合いができる環境を整えておくのは、とても大切だと私は思っています。

普段口も聞かない夫に突然離婚を切り出したら、きっと話を聞く耳をもたずファイティングポーズになってしまいます。あなたの話に耳も傾けずに、だんだんと意地を張ってしまうのです。

是非、離婚を決意している方は、そうならないためにも、離婚を夫に伝える前に、挨拶をするなど、最低限の日常生活でのコミュニケーションは取るようにしてくださいね。

 

 

しあわせ離婚メルマガ登録!!

離婚までに必要な情報を全て配信!
今ならPDFプレゼント付き!
・法律情報
・子連れ離婚を後悔しない為の情報
お申込みはこちら↓
http://allegrare.net/mailmagazine/

 

飯野馨巳
弁護士では解決が難しい離婚を可能にする
リボーンコンシェルジュ 飯野馨巳

 300件以上のカウンセリング実績のある飯野があなたのお話を伺います。
カウンセリングについて

詳細&申込

クリックをお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村


恋愛・結婚(離婚) 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

上へ