子供との生活、シングルマザーは幸せ!「ワンオペ育児」の状況

2016-12-04 | Posted in シングルマザー, 夫婦の豆知識 |  

ワンオペ育児

ネット上で「ワンオペ育児」という言葉が広まっているそうです。

これは、飲食店などで従業員1人が全ての業務を行っていることで問題になった「ワンオペ(ワンオペレーション)」が語源で、育児や家事を1人で担う状況を指しているものです。

夫の単身赴任、夫の仕事が忙しく毎晩帰りが遅い、もしくは時間があっても全く育児を手伝ってくれないなどの理由で、専業主婦、兼業主婦が「ワンオペ育児」になっているのが現状です。

夫の育児参加が増えているとはいえ、諸外国に比べて日本はまだまだ少ないのも事実。
共働きが当たり前になっている今、ママたちの負担は減っているとは言えないようです。

もちろん、シングルマザーも実家など頼れるところがなければ、いちばんの「ワンオペ育児」になりますよね。

現在、ワンオペ育児をする母親がとても増えています。

とにかく忙しいのに周りに頼れる親族がいない、すべて母親がひとりで受けとめなければならない状況になってしまう。

夫婦の間では、最終的には旦那への不満が爆発、離婚をしてしまうケースもあるそうです。

 

ワンオペ育児

頼ることを否定しない

すべてをひとりで抱えて、対応できる量を超えてしうと、心身ともに病んできます!
決して自分をせめたりしないでください。

頼ることを否定しないで、頼っちゃいましょう。

地域によっては保健所・保健センターや「ひとり親家庭支援センター」、大きな商業施設などに育児相談もあります。
コミュニティセンターなどにもサービスを受けられる制度があるのでそこも上手く使いましょう。

またには、家の“風通し”が良い人はストレスをためにくいということで、家にこもりがちな人は、友達を呼んで一緒にご飯を食べるなど、自分を追い込まない工夫をしてみましょう。
優先順位をつけて、出来ることと出来ないこと整理して、無理をしないようにしましょう。

 

ママである前に人間です。

あなたが笑顔でいることがいちばんです。
たまには我慢をしないで好きなことを、楽しそうにしている姿を子どもに見せてあげてください、子どもはとてもうれしいはずです。

子育ては思い通りにいかないことの方が多いと思います。 だけど、子どもは幸せをたくさん運んできてくれ ます。

幸せをたくさん感じてください。子供はどんどん成長していきます。瞬間、瞬間を大切にしてください!

 

 

 

離婚プロ、弁護士とリボーンコンシェルジュの飯野馨巳がポイントを、法律面と実例面から2時間にギュッと凝縮してお伝えします。

『私も、子どもも幸せになる再出発』セミナー

離婚弁護士からは、法律の情報とセミナーでしかお伝えできないような、対策方法などもお話させていただきます。ぜひ、お話を聞きにいらして下さい!
 ↓   ↓
◆お申し込み&詳細◆

 

個別カウンセリング&離婚後のライフプランシート作成

夫と離婚をしたいけれど、離婚後のお金のことが不安で悩んでいるあなたへ
離婚後のお金の不安を解消する秘策、子供にかかる未来のお金がわかります。
離婚後の生活を具体的にシミレーションをすることで、漠然とした不安が解消されますよ。
 ↓   ↓
◆お申し込み&詳細◆

 

 

◆11月25日【離婚+リボーンはRの幸せ】リボーンの騎士(ゲスト)/堂谷 祐規子さん
是非、ご覧ください。

 

 

リボーンコンシェルジュ

クリック ↓

子連れ離婚で悩んでいるママを笑顔に
リボーンコンシェルジュ 飯野馨巳

 

クリックご協力お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます