夫はモラルハラスメント?!気づいていないあなたへ


「モラルハラスメント」ご存知ですか?
言葉、態度、文書などによって継続的に人格や尊厳を傷つける精神的ないじめ・嫌がらせのことです。

しかし、モラルハラスメントに気づかない人も少なくありません。ここでは、夫からのモラルハラスメントを受けていた経験者のお話をお送りします。その中から、気づきやアドバイスもお伝えします。

 

夫の理解不能な行動の数々

外面がよく、息子のサッカークラブのコーチもしていた夫は、周囲には評判の良い夫だったのかもしれません。
しかし、家では別人なのではないかと疑うほどに豹変し、冷徹な夫でした。

夫の異常行動は列挙しきれませんが、束縛が激しい夫は、私の交友関係に対して、特に異常な行動を見せました。
友人と食事に行くと、「いつ帰る?」「子供をおいて何してる」「母親失格だ」等とメールが届き続け、帰宅すると玄関にチェーンがかかって家に入れない、私の洋服が全てゴミ袋に詰め込まれていた、といった理解不能な現象が幾度となく起きました。

やがて、その異常行動の矛先は子供にも向かいました。私が子供を連れ旅行に出かけると、子供のキッズ携帯宛に「どこにいる?」「教えないと誘拐だって警察に連絡する」等とメールの嵐で、子供たちが脅されたこともありました。

このような異常行動に悩まされ続け、結婚を機に私の友人付き合いの幅はどんどん狭まっていきました。
最後の数年は夫に話かけても返事も反応もなし。夫婦のコミュニケーションは一切ありませんでした。

モラルハラスメント夫

 

結婚生活13年、ようやく気づいたモラハラ夫

そんな夫との結婚生活は10年以上続きましたが、夫がモラハラ夫だと気づいたのは、離婚する直前でした。

離婚調停のために雇った弁護士に、結婚生活のこれまでをご説明差し上げる中で、「典型的なモラハラですね」と言われ、はじめて自分がモラルハラスメントにあっていたことに気づいたのです。
その瞬間、気持ちが晴れたのを覚えています。
なぜなら、それまでの私は夫の行動に対して「私が悪い」「私の我慢がたりない」「私が間違っている」とずっと思っていたからです。
第三者に夫側に問題があると言って頂いたことで、これまでの頑張りが報われたような気がしました。

今になって思うと、実に不思議な思い込みをしていましたが、私が夫のモラハラに気づかなかった大きな理由が一つあります。
それは、夫の異常行動を相談していた相手が義母だった点です。義母もまた義父の同様の異常行動に長年悩まされていました。
それだけに私の苦しみを理解してくれましたが、同時に「夫はそういうものだし、長年私は耐えたのだから、あなたも耐えなさい」といつも言われていました。
共感してもらえる義母の存在は心強かったですが、同時に私は夫のモラハラに気付かないほど洗脳されていたように思います。

 

まずは夫のモラハラに気付くところから…

私自身、適切な第三者に相談をしていれば、自分自身がモラハラの被害者だと気づき、非条理な生活からもっと早く抜け出せていたかもしれません。

私の経験からまずアドバイスしたい点は、夫の行動が理解できない/異常だと感じた場合は、早い段階で周囲の方に相談してみるべきです。
この際、数名に、かつ極端にどちらかの味方になるような人は避け、客観的な立場で冷静な判断をしてくれる人を選びましょう。

その時点で、夫にモラハラの可能性がある場合は、早めに対応をはじめましょう。
なぜなら、モラハラ夫はジリジリとあなたの精神面を追い詰めて消耗させます。
早い段階でモラハラ夫に気づくことが、夫婦関係の継続においても、あなた自身の心身の健康にとっても重要なのです。

 

しあわせ離婚メルマガ登録!!

離婚までに必要な情報を全て配信!
今ならPDFプレゼント付き!
・法律情報
・子連れ離婚を後悔しない為の情報
お申込みはこちら↓
http://allegrare.net/mailmagazine/

 

飯野馨巳
弁護士では解決が難しい離婚を可能にする
リボーンコンシェルジュ 飯野馨巳

 300件以上のカウンセリング実績のある飯野があなたのお話を伺います。
カウンセリングについて

詳細&申込

クリックをお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村


恋愛・結婚(離婚) 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

上へ