円満協議離婚、あなたに寄り添ってお手伝いします

2016-11-28 | Posted in 夫婦の豆知識, 離婚の手続 |  

アレグラーレは、できれば円満協議離婚をすることが望ましいと考えています。
あなたが望む条件に夫が同意をしてくれて、あなたと子供がその後もずっと幸せでいられるように。

あなたに寄り添って、お手伝いが出来ればと、いつも思っています。

協議離婚

このサイトでも何度かお話していますが、離婚の中で最も多いのが協議離婚です。
これは、夫婦お互いが合意の上で離婚届に署名・押印し役所に提出すれば成立します。
夫婦の関係が、話し合いができる程度に良好であれば、将来のことを考えて、約束事を決め、公正証書として残しておける円満離婚になります。

そして、協議離婚の場合でも、もし離婚の条件を決めていく時に、「相場に適したものかどうか」等、心配な時には、弁護士に相談をするのもいいと思います。

ただ、「協議離婚」はお互いが合意すればOKと言うものなので、法律は介入しません。相場はあくまでも相場です。
子供の為に相場よりも多く養育費を払うと約束する事も可能なのです。
離婚は法律のことだけ考えれば良いものでもありません。

アレグラーレ「私もこどもも幸せになる再出発」セミナーでリボーンコンシェルジュ 飯野が円満協議離婚が良い理由と方法、そして、子連れ離婚の事例をお話し致します。

◆『私も、子どもも幸せになる再出発』セミナー
◆お申し込み&詳細◆

離婚はできるだけ知識をもって事前準備をしっかりすることが大切です。

 

調停離婚

約束事を決める時に揉めてしまって、夫婦2人では決められない場合もあります。
親権、財産分与、養育費等、2人では話し合いがまとまらない場合、または相手が話し合いに応じないときには、法的に第三者を入れて話し合いする調停離婚へと進むことになります。

協議離婚

調停離婚では裁判官と調停委員が間に入り、あくまで話し合いで解決していくことになります。これは裁判ではありませんので、あくまでも夫と妻の意見を調整するために第三者が入るということです。

離婚調停は、裁判所の調停委員に離婚の調整をしてもらいますので、調停委員があなたの話を聞き取り、相手方に伝えます。
なので、あなたの希望が通るように相手方を説得してくれるためには、調停委員にあなたの意思を正しく理解してもらい、共感してもらわなければなりません。

 

弁護士費用などを考えると、調停は、申し立て等の手続きが難しくないので、ご自身で進めるのも良いと思いますが、不安なことも多くなってきます。

【調停離婚になって不安なこと】
・調停委員に言いたいことをうまく伝えられない
・何をどう伝えればよいのかわからない
・相手の希望等に共感してしまっている調停委員に説得されてしまうかも
・話下手なので,言うべきことを調停委員にうまく伝えられるか
・余計なことまで言ってしまうかもしれない
・言ってはいけないことがあるのか
・どうしたら調停委員を味方につけられるのか

さらに、夫との話し合いが難航してしまい精神的につらくなってしまったら、弁護士に依頼した方が精神的には少し楽になるかもしれません。ましてや、夫が弁護士を立ててきた場合は、あなたも弁護士に依頼をすることをお勧めします。

弁護士に頼むことで、離婚調停をスムーズに進めるてくれますし、あなたの希望等を整理して調停委員に伝えてくれます。そして調停中もその場でフォローしてくれますので、かなり、心強いと思います。

 

セミナーではもっと詳しく聞けちゃいます!
離婚のプロ、弁護士とリボーンコンシェルジュの飯野馨巳がポイントを、法律面と実例面から2時間にギュッと凝縮してお伝えします。

『私も、子どもも幸せになる再出発』セミナー

離婚弁護士からは、法律の情報とセミナーでしかお伝えできないような、対策方法などもお話させていただきます。ぜひ、お話を聞きにいらして下さい!
 ↓   ↓
◆お申し込み&詳細◆

 

個別カウンセリング&離婚後のライフプランシート作成

夫と離婚をしたいけれど、離婚後のお金のことが不安で悩んでいるあなたへ
離婚後のお金の不安を解消する秘策、子供にかかる未来のお金がわかります。
離婚後の生活を具体的にシミレーションをすることで、漠然とした不安が解消されますよ。
 ↓   ↓
◆お申し込み&詳細◆

 

 

◆11月25日【離婚+リボーンはRの幸せ】リボーンの騎士(ゲスト)/堂谷 祐規子さん
是非、ご覧ください。

 

 

リボーンコンシェルジュ

クリック ↓

子連れ離婚で悩んでいるママを笑顔に
リボーンコンシェルジュ 飯野馨巳

 

クリックご協力お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます