キャリアカウンセラーが「自己分析をサボってしまった結果、入社先ではミスマッチ」

2016-03-05 | Posted in ブログ, 堂谷 祐規子 |  

本日は、
今や多くの場所でキャリアカウンセリング、メンタルヘルスカウンセリングを行っている
キャリアカウンセラーの堂谷祐規子さんのエピソードです。

「自己分析をサボってしまった結果、入社先ではミスマッチ」
「専業主婦こそ、幸せになる唯一の道」
現在の堂谷さんからは想像つかないお話です。
「つづき」も楽しみです!

堂谷さんはアレグラーレで、
【キャリアコンサルティング】個別セッションを行っていらっしゃいます。

ホームページ内の先生ページへ
リンクも貼っておきますので、
ご興味のある方は、是非お申し込みください。

*****************************************************

こんにちは。
キャリアカウンセラーの堂谷祐規子です。
就転職や職場での対人関係など、
お仕事に関するさまざまな悩みを伺うと同時に、
「もっと楽しく真剣に生きたい」と願う気持ちを応援することを、仕事としております。

*****************************************************
社会人デビューしたのは、バブル時代。
なので、はや四半世紀が過ぎましたが、
まさか! この私が!
ほとんどブランクなく、ずーっと働き続けるなんて、まったく、思いもよりませんでした。

なぜって、学生時代の私は、キャリアなんて関心なし。

同級生が、真剣に業界研究や企業研究をしたり、
「結婚したり、子どもを産んでも、ずっと働き続けたいよね!」と、熱く語っている姿を横目に、
「私は、2〜3年ぐらい働いた後、結婚して〜、
フラワーアレンジメントやダンスにお料理、みたいな、お稽古三昧したいなぁ〜」
と本気で考え、親に勧められるがまま、縁故で就職先を決めました。

堂谷祐規子

 

ところが・・・
「好きなこと」(興味)
「得意なこと」(能力)
「これだけは譲れないこと」(価値観)
といった、いわゆる自己分析をサボってしまったがために、
入社先ではミスマッチ感をイヤと言うほど味わいました。
(毎日、泣いて怒ってばかりで・・。当時の職場の皆様には、申し訳ない気持ちでいっぱいです)

そもそも、家事が苦手で、針に糸を通すことすら一大事と課している私が、カルチャー系マダムを夢見るなんて、
そちらのほうがよっぽどミスマッチ(苦笑)。

でも、当時は、
母と同じく、「専業主婦こそ、幸せになる唯一の道」
と思い込んでいたのです。

(続く)

◆お仕事探しを全力でサポート
    キャリアコンサルティング堂谷祐規子ページはこちら◆

 

ブログ村ランキングへ参加しています
よかったらクリックご協力お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます